現在開催中の小樽文学館「河邨文一郎展」の一環として、5月21日「河邨文一郎詩文朗読会」が開催されました。

まず簪組(かんざしぐみ)のメンバー、宮野入恵美子(美しい背中)・山内紀子(セピアの風景)・田中瑞枝さん(浮浪児論)がエッセイを。そのあと詩を群読された。

河邨文一郎朗読会

腕白坊主だった頃の「セピアの風景」(山内さん朗読)は、昭和初期のやんちゃな中学生時代の「決闘」の様子が夏目漱石の「坊っちゃん」を彷彿させるような描写。悲しい話でもないのに涙が出てきたのはなぜなんだろう?
続いて熊谷ユリヤさんのハープ演奏と朗読(ユリアさんは河邨氏の作品を英訳もされている)。なんと歌も!多才なユリアさんである。それにつけても思い出すのは、詩は、翻訳に耐えうるものでなければならない、と言われたお言葉を大切にしている。

熊谷ゆりあSCN9658

河邨文一郎展のしおり。窓口で販売中。詩の弟子として末席を汚していた私には貴重なもの。

河邨文一郎しおりDSCN9670

その中で見つけた箇所。金子光晴の原稿を隠したと言う話は知っていたが、特高に目をつけられていた、検挙されたことは奥様も知らなかったと言われた。

河邨検挙DSCN9675

詩同人「核」の仲間。夏冬の「強化合宿・恐怖の詩合評会」が懐かしい。
またお正月には同人が招待された。
河邨邸前で。田上義也氏の設計で真ん中の門柱飾りフクロウ(砂沢ビッキ作・アイヌの神様コタンクルカムイ)は、只今小樽文学館に展示中。

核の会 お正月合宿 河邨邸前

今朝はさわやかな気分で目覚めた。今年一番のカッコウの声。いつもより4日早い(このあたりでは例年26日)。
窓を開けるといろいろな鳥の声。このままの平和が続きますように。
5月1日 午前6時32分 版画家のヒロコさんが、逝去されました。あと4日後の5月5日がお誕生日、75歳を迎えるはずでした。
3年ほど前から肺ガンの治療に専念していられましたが、薬石効なく旅立たれました。
11月にご主人の長谷川洋行氏が、不慮の事故で亡くなられたばかりで、重なるご不幸に胸がつぶれる思いです。

余市豊丘町の惠泉塾でキリスト教形式のご葬儀でした。
家族葬でしたが、友人のひとりとして参列させていただきました。
生まれて初めての「弔辞」を読ませていただきました。

薔薇などに包まれた清楚なキリスト教の祭壇にヒロコさんは眠っていられました。
お棺は最後までお世話をした甥御さんの木下肇さんの手になるものでした(釘を使っていないので、お骨拾いの後始末をされた係の方がびっくりしていました)。

長谷川さん亡き後、惠泉塾に入居してからのヒロコさんは、あの個性的な正確ががらりと替わり、穏やかな性格になり、
介護された木下夫妻は、何も苦労がなかったそうです。日曜日の礼拝にも欠かさず参列していたとのお話でした。

最後も苦しむことなく静かに逝かれた、とのこと。

生まれて初めて弔辞を読みました。
緊張したせいか、ひとりで練習したときは涙が出て困ったのに、大丈夫でした。

森ヒロコさん葬儀1jpg

森ヒロコ 葬儀式の栞

一週間前に、身を寄せている余市の惠泉塾にお見舞いに伺ったばかりです。
重篤な病にありながら、同学園の甥御さんご夫妻の手厚い介護を受けて、穏やかに暮らしていられる様子をみて
安堵しておりました。ヒロコさんの寝室からは、イワナやヤマメも登ってくるという渓流や、すでにホオジロが囀っている
林を眺められました。また、夫妻から、食欲もあり、イチゴなどの果物、お刺身もおいしいといって食べるという話も伺い
また来るね、といってお別れしたのでしたが。

1993年2月自宅前で。

①改修前の緑町自宅前で1993年2月10日

ヒロコさんは、日本はもとより、東欧、フランスでもよく知られていました。
何枚か思い出の写真をご覧下さい。

いずれもフランスにて。パリ、オーベール・シュルオワーズ、ストラスブールなどで個展開催。

1996年9月。フランス・ストラスブールでの作品展。ご自身のポスターが貼られていたレストランの前で。

④1996年10

ストラスブールの旧市街にあるギャラリー、瀧澤さん経営のギャラリー・ノールエスト前。
着物姿の日本人女性は、殊に外国では一段と美しく見えます(1996年9月)。

⑨ストラスブール「ギャラリーノルドエストで」2003年9月

猫が大好きだったヒロコさん。町中で猫を見つけると大喜び。オーベール、シュルオワーズ、ゴッホの彫像がある公園で。
病気になる前、「私、猫を飼いたいと思うんだけど…」といわれました。
ヒロコさんが飼うならやっぱり黒猫だろう、と心づもりしていました。

⑦猫とヒロコさん1996年10月 フランス オーベールシュルオワーズ ゴッホの公園にて

私の好きな版画の1枚。「夕暮れ」(絶版)。
猫をモチーフにした作品が多かった。

森ヒロコ 夕暮れ

morihiroko-stasys-museum.com/森ヒロコ・スタシス美術館

長谷川洋行、裕子(ヒロコ)夫妻の偲ぶ会を日を改めて小樽で開催すると伺いました。
4月15日(土)~6月11日(日)まで。
「詩人河邨文一郎生誕100年展」開催中。昨4月15日、オープニングイベントがありました。

河邨展ー

テープカット。真ん中河邨夫人、宣子さん。挨拶のスピーチで、万感胸に迫るものがおありだったのだろう。
思わず声を詰まらせるシーンもありました。

テープカットDSCN0350

同日開催された記念講演は、河邨文一郎氏主宰の詩誌「核」の同人であった萩原貢さんと暮尾淳さんが「河邨文一郎氏の人と芸術」としてお話になった。「人と芸術」というタイトルだが「人」としてのエピソードのほうが多かった。

なにしろ暖かくおおようなお人柄だった。映画会社からスカウトされた話、金子光晴との師弟関係、交友など微笑ましいエピソードがいっぱい。

萩原貢氏講演DSCN0356

興味津々の資料がたくさんの会場。子供の頃からの(!)手書きの本などもよく保存されていたものと感心する。

展示会場DSCN0354

河邨文一郎といっても若い人は知らないが札幌オリンピックのテーマ曲「虹と雪のバラード」の作詞者といえば通じる。トアエモアが歌ったのがオリジナルだが、いろいろな歌手が歌って45回転のレコードが何枚も展示されている。

奥様も「こんなに出ていたとは知りませんでした」

会場DSCN0353

かく言うこのブログ管理者の私は、氏の主宰する同人誌「核」の仲間としてお世話になっていました。

毎年1月と8月には「核の恐怖の合宿」がありました。詩作品の合評会のことをこう呼んでいました。歯に衣を着せぬ鋭い合評会。
若輩私は、隅のほうで震えておりました。
でもそれさえやりすごせば、あとは楽しい交流の場。深夜まで飲んだり論じたり。

小樽でも何度か合宿がありました。写真の裏に1971年5月16日・撮影木村哲郎氏と書き込みあります。
早川昇氏・佐々木逸郎氏・小松瑛子氏 皆故人です。

鰊御殿

祝津の今の迎賓館・もとペンション祝津前で。「月刊おたる」元社長、米谷祐司氏も同人。

ペンション祝津

海猫屋前で。

海猫屋

整形外科医としても辣腕。
その美形ゆえ、松竹からスカウトされたという。手術のシーンでは手だけ出演したというエピソードも語り草。

5月21日(日) 14時からは、札幌の朗読グループ「簪(かんざし)組」・熊谷ユリアさん他の出演による河邨氏の詩とエッセイの朗読会があります。入場料のみで聴くことができます。

オープニングに参加された簪組の皆さま。何を読もうかと只今模索中。

簪組DSCN0351

小樽文学館
宅配便に猫が入っていました。

ちぐらDSCN0319

いえいえ、待っていた猫の事務所通信103号です。

103号DSCN0280

今年は良くも悪くも(こちらのほが多いようですが)次々とニュースに事欠きません。
近頃はほぼ毎月発行している感じです。

猫事異動

態度が大きい新人ちぐらは、春の人(猫)事異動で接待部長に異例の抜擢。

自分の記事が出ているのではしゃいでいます。先輩もはしゃぐ。

sanngoto DSCN0287

ちぐら宅急便

おい、いい気になるなよ。と慎吾編集部長補佐。

3syainn DSCN9642

今年は春が早かった。これからいろいろな草木の芽吹きが楽しみです。

春の花DSCN0276
生後2ヶ月のちぐらが我が家に来て2ヶ月たちました。
とてもやんちゃで先住猫は恐れをなしています。

お食事DSCN0164

それもそのはず、女の子だと思っていたのに、なんと男の子! だったのです(2ヶ月では判然としませんでした。どちらかというと
希望的観測? だって今までの経験上、女の子のほうが断然お利口で、男の子よりも心が通い合っていたからなんです。

来たばかりの頃。

ちぐら来たばかりDSCN9166

本日のちぐら。なんかもう大人?
といってもあだまだやんちゃなんですが…。
 
眠いちぐらDSCN0180

あまり早く大人にならないで…、という人間の勝手な願い。

物思い?DSCN0141

今年の冬はなぜか例年よりも短かった。屋根にはもう雪がありません。
西日を受ける向かいの丘。

夕日DSCN0166