FC2ブログ
森れい 銀のアクセサリー展1

今日から森れいさんのVASARAジュエリー展が始まりました。
銀と各種の宝石を使った創作アクセサリーは、眺めているだけでも幸せな気分になります。


オーナーが特に気に入った作品。とても細かい螺鈿の細工が施されています。

れい トンボのコピー

こちらもお気に入り。

森れい アンモナイト

森れい 銀のアクセサリー展2


2階喫茶室でお過ごし下さい。
フランス直輸入のハーブティ(知る人ぞ知るKUSMI TEA)とフランス・ナントの銘菓LUのビスケットをお楽しみ下さいませ。

DSCN9474.jpg


DSCN9471.jpg

昨年の8月に突然思い立ったフランスの旅。しかもカンヌ映画祭の期間だというので、カンヌへは日帰りできる南フランスの小さな町、サン・ラファエルに滞在して、カンヌへ2日行ってみました。
娘のようなKさんは、語学力もあって助けていただきました。二人とも、フランスは4度目。私も4度目です(似ていないのに親子と見えるのか私はママンと呼ばれた)。

地元の新聞には、毎日カンヌ映画祭の記事。キヨスクに買いに行きました。

みごとグランプリに輝いた韓国の監督。因みに昨年は日本の「万引き家族」でした。

ボン・ジュノ カンヌ映画祭ー

今回は、高山美香さん作成の世界の映画監督の消しゴム判子のメモ帳が「国際交流」に大いに力を発揮しました。

ボン・ジュノ監督

フランス・アメリカ・イタリアの監督の中に東洋人の監督も入っています。奇しくもその一人、韓国の・ボン・ジュノ監督も入っていました。

カンヌの街は当然人であふれ、大変な賑わい。レッド・カーペットの前には何時間も前に席を取らなくてはよくみられませんが、大形テレビでもその様子は分かります。

わたし達が訪れた最初の日は、まだそれほどでもなかったので写真を撮ることが出来ました。赤いコスチュームの女性は有名女優でしょう。あとはその関係者(親戚・友人・関係者?)などでしょうか。

レッド・カーペットDSCN9097

最終日には、人垣の後ろの柵に登ってレッド・カーペットを眺めました。スターを見たい人は、何時間も待っていた様子。
20代の頃見たフランス映画のヒロインも美しく年を取ってレッド・カーペットを登る。、

おやつや飲み物を買って海岸の砂浜へ。

大形豪華客船が沖に停泊。飛行機で来る人もいれば、この客船でくる人も。埠頭から絶えずボートやヘリコプターが、スタッフを運んでいます。
望遠レンズで捉えた映画人の取材シーン。有名監督でしょうか。

DSCN9141取材されているスタッフ

あとで調べて女優はエル・ファニングと判りました。前の日、会場で失神したと伝えられていました。あまりに衣装で締め付けられたのと体調不良が原因だったそう。

イル・ファニングDSCN9137

街の看板。ジュニー・ディップも来ていたのでしょうか。

ジョニー・ディップDSCN9112

大形テレビに映し出された画像。

街の看板DSCN9338

カンヌの家の壁には、至る所にこんな絵がありました。

カンヌの街角DSCN9255

「映画の旅」とは結果的にいろいろな出会いがあったための後付けタイトル。
とてもとても語り尽くせない多くの出会い…。「映画の神様」が付いていたようです。
苫小牧在住の詩人で鉱石に魅せられて美しい作品を作り続ける森れいさんの久しぶりの作品展です。
たくさんの作品を展示いたします(販売もいたします)。どうぞお越しください。

15日16時より鉱石をテーマにした詩やエッセイの朗読会をいたします。朗読申し込みの方はどうぞ。一人5分以内の作品。

森れいVASARA ジュエリー展2019DM

子猫のちぐら(接待部長)が、なんと雀を捕まえてきて大騒ぎ。
雀はどこからか血をながしてぐったり。死んだのでしょうか。あまりに過剰な「接待」です。
珊瑚が興味を示しています。ビニールの箱に隔離。

②suzumeDSCN8971 (2)

しばらくすると起き上がりました。死んではいない。でも…、羽などおれていないでしょうか。

②suzumeDSCN8971 (1)


水とお米、パンくずなどを入れて風呂敷に包んで、猫から隔離して一晩おきました。
朝見ると、わずかな水で水浴びしたらしく、周りはびしゃびしゃ。
パンくずも食べたよう。

suzume DSCN8967

思い切って放してやりました。元気にしたの駐車場のほうへ飛び去ってゆきました。小柄だけど大人の雀。どこかに巣があって卵を温めているかも。
4月27日から森ヒロコ展がオープンしました。5月1日はヒロコさんのご命日です。
もう2年が経ったのです。私よりも年少なのに、私より大人で、心の支えでもあったヒロコさんでした。私は、寂しい日々を送ってはいますがこうして作品に触れることができるのは、アーティストだからです。
椅子にかけて長いこと見続けていると、作品がほほえみかけてきます。謎の多い作品には、彼女の深さと同時に、茶目っ気さえ感じてしまうこともあります。

森ヒロコ展2019会場

初めて賞をうけて驚いたという作品「水を撒く」。最後の一枚です。
珍しくスチール製の額縁が、いつもの木製よりよくマッチしているようにな気がします。

水を撒くDSCN8879

古い作品「なわとび」
これも不思議な作品。大好きだけど、怖くて一人でDVDなど鑑賞できないオーストラリア映画「ピクニック、アト・ハンギングロック(ピーター・ウイアー監督)」を連想します。大好きな作品です。

なわとび

晩年になると、少しずつその怖さがなくなりました。
可愛い作品が多くなりましたが、それも人気がありました。

スカーフDSCN8878

「鴉」これも人気があります。

森ヒロコ「鴉」DSCN8869

壁面に飾りきれない作品。

その他の作品DSCN8877

表紙に使われました。
この作品は3番目くらいに入手。

台所の詩人達表紙DSCN8894

他にも多数。販売もいたします。

5月5日まで。小樽へお遊びにおいでのついでにお立ち寄り下さい。
駅からバスで10分。タクシー4分です。
●森ヒロコ作品展

森ヒロコさんが亡くなられて5月1日で丸2年が経ちました。あとりゑ・クレールでは、遺作展を開催いたします。

販売可能な作品(銅版画)を展示販売いたします。

森ヒロコDMはがき (裏)

あとりゑ・クレールのアクセス
森ヒロコ展2019

小樽文学館で高山美香展が始まりました。


また小樽文学館では、ご存じ高山美香さんのちまちま人形展(近作も多数含む)があります。
古今東西41名の映画スターが勢揃いしております。
古い映画の資料もいっぱい! 興味が尽きません。

高山美香ビックリ映画館表
高山美香ビックリ映画館 裏


5月6日(月)午後2時からは高山美香さんとクレール・オーナー私めとの対談形式で「ちまちまキネマ・生トーク」があります。

入館料は 一般300円 市内高齢者・高校生 150円。


小樽文学館向かい側の停留所からクレールに近い梅ヶ枝町までバスで10分でおいでになれます。

●かもめが丘団地行き&●(梅源線)手宮行き