2018年2月28日の東京新聞(朝刊)の記事です。

雛 20180228東京 安田邸

このときの空襲は1945年4月13日ではないかと思います。私の家は今の文京区千石(当時は小石川区林町)で、この日の空襲で焼け出されました。私と妹は古平の伯父の家に預けられていました。父母と赤ん坊の弟が古平へ来たのは6月に入ってからだと思います。午後の定期船で着いた両親を妹と迎えに行った光景ははっきりと覚えていて、母の言った言葉が忘れられず詩にしてみました。「焼け跡に見覚えのあるお雛様の首が落ちていたので、ここが家のあった場所だと判った」と父が言っていました。父が生きていたときには内裏様だけまだ今の家にありました。内裏様だけ疎開したのです。その後どうなったか。探してもありません(家を建て替える時に処分したのか)。

お雛様

避難先の林町小学校から戻ってきた朝、焼け出された人達は奇妙に明るくて冗談までいっていた、と。父の話です。
また、父は、焼夷弾で焼け始めたお隣の二階の窓が開いていたので、閉めて来た、と話していました。
非常時にとっぴょうしもない行動をするものなのでしょうか。
隣組で消火のバケツリレーの訓練をしたけれど、実際にだれもそんなことはせず、逃げるのが精一杯だ、というのは当然です。

最近は小さな猫雛をひとつずつ買い足すだけ。鼠もいますよ。

猫雛DSCN0641

名無しの野良猫ちゃん。厳寒を何度もくぐってたくましく太っている。慎吾と何の話題?

tennteki DSCN0541
久し振りに猫の事務所恒例の(だった)猫祭り(本来は2月22日です!)を開催いたします
               
●日時/ 2018年3月23日(金)~25日(日)12:00~18:00 入場無料
●会場/ あとりゑ・クレール 小樽市梅ヶ枝町21-2  

● 愛猫写真コンクール の写真を募集!           
         
★お一人応募3点まで 大きさ2L~A4まで プリントアウトして 額縁は不要 こちらで台紙に貼り付けます                      
★締め切りは 3月20日(火)必着  原則として返却いたしません(返却必要な方は受取人払いで)         
★選考は市内のアマチュアカメラマン2名と猫の事務所スタッフ 
             
         *人間カメラマンの審査により2点  猫祭り賞
         *来館者の投票により3点   猫の事務所賞(入賞発表まで作品は匿名)

        上記・入賞者5名に沼田町の雪中米ななつぼし2キロ進呈
        参加の皆さま全員に田中良直さんの田代島の猫えはがき進呈

参考までに─過年度の入賞作品(・)

 審査員が選んだ過年度作品

小松ソックス君

小松みどり2位ん?あれなんだろう?


訪問者による人気投票の作品 

佐藤わかめちゃん

わかめ1位

寺崎ななちゃん  

寺崎恵子佳作サンタクロース                             

故・林檎部長も審査員でした(?)

審査林檎151


②(朗読会)参加者募集します  10名   3月24日(土)午後2時~ 5時

  猫に限らず動物全般に関するテーマの童話・エッセイ・詩など1人10分程度の小編を読んでいただきます
                 
  参加ご希望の方は 3月20日(火)まで、お電話・ファクス・メール可  所要時間とタイトルをお知らせ下さい
  
  参加費 800円(飲み物代) 朗読参加者・お聴きになる方も(要参加費) 当日頂戴いたします
                           
                 自作「ホシコ」を朗読する加藤多一さん(2011年)

P3121287朗読会加藤多一

③ 「映画」と「猫」関連の古本を半額で販売いたします

 高山美香著「鴎外のやかん」「猫と映画」はたさきこ「チャトやお呼びですか?」(小学館発行) を割引販売いたします 「一葉のめがね」は完売近し・在庫僅少です

④ 猫グッズ、マスキングテープ格安販売
... 続きを読む
上京した日は大雪。航空機は少しの遅れもなく羽田到着したのに。「北海道から雪を運んで来ましたね」と言われました。
「こどもは歓び庭駆け回る…」。 素肌が出ています。
微笑ましい光景。

雪の日小学校DSCN0602

これも北国では見られぬ光景。築地・万年橋付近。

東京ならではの雪①DSCN0611

知る人ぞ知る。平松洋子さんの食べ物のエッセイ!
本当に楽しく豊かな気持ちになれる。
一冊持参したのですが、他は東京で購入。食べ物エッセイでは東海林さだおさんが有名でファンだけれど、違いは、平松さんは
実際に毎日献立を考え、素材を慈しみ、工夫し楽しみながら作っていること。
しかも奥深い。そして読者のモチベーションを高めてくれること。

平松洋子本DSCN0500
東京のおいしいお店も紹介している。評判の蕎麦屋を探したが、引っ越してビルの二階に入ったという。ビルの名前がわからないと探すのは至難。諦める。

東京に居て、銀座や築地のお店のエッセイを読む。2次元と3次元の世界に漂っている気分。

実は昨年暮れ以来、なぜか料理に身が入らないでいる。
今年は客が少ないこともあり、正月料理には情熱が沸かず。慣れない冷凍食品を買い込んでみたが、普段食べ付けないこともあり、使いきれず大失敗。いささかわびしい正月になった。

最近、書店で手にした平松さんのエッセイを乗り物でも人との待ち合わせの間にも読む。
すると、「料理をする」という系統のモチベーションが高まってくるのが感じられて。帰ったら料理に身をいれよう、と決める。
築地で食材を少しずつ買い込んで帰郷。

土鍋で炊くご飯やお粥の写真も美味しそうだ。
最近新調した電気釜が今ひとつぱっとしないので早速、土鍋を出して炊いてみた。
ほんと! おいしいご飯が炊けた。おにぎりを作ってみた。

土鍋ご飯DSCN0486

おにぎりDSCN0501

冷凍室にあった到来物の海苔(忘れていた)!
なんと賞味期限を遙かに超えていた!
でも全然まずくない! 「賞味期限」って一体何だ?

おにぎり海苔DSCN0504

家族が帰宅したので、今夜は土鍋のご飯、と宣言して、ご飯を炊く。
他の仕事をしているうちに土鍋をかけていることを忘れ、焦がしてしまいました。
さて、今後は電気釜より早くておいしい土鍋で炊くご飯を極めよう!(といっても全然難しくはないのですが)。
平松さんに倣って、食材ひとつひとつに愛情を注ごう!



2017.12.31 新年ご挨拶
今年もよろしくお願い致します。猫社員も頑張っています。
大晦日に109号を発送しました(人も頑張った!)。猫の手も借りました!

猫の事務所通信109DSCN0458

珊瑚営業部長

sango butyou

慎吾渉外部長

sinngo syougaibutyou
ちぐら接待部長。

ちぐらDSCN0415

今年も隔月の発行を目指します。
平和な世界を夢見て。
皆さま応援してして下さい。
購読者も募集中です。

12月17日、小樽詩話会記念号が発行されました。54周年、つまり発足して今年で54年目です。
半世紀以上続いてきました。今年の参加者数は過去最多の60名(!)です。会員は72名。購読会員が35名おります。

詩話会記念号54周年

最初は7名くらいで発足したということです。
その7名のうち、今も健在なのは二人。そのお一人寺井勝夫さん。長く政治活動もなさってこられた方です。
あと一人が萩原貢さん。

寺井さんDSCN0562


記念号発行に合わせて、例年の習い、忘年会が行われました。

花崎皐平さんDSCN0532

乾杯のあとの定番、3分間スピーチはお題は「今年気になった言葉」。

私の気になった言葉は「締め切り」でした。毎月の詩作品の投稿は並大抵ではありません。

なにせ毎月15日が締め切り。1回でもスルーすると、あとは脱落、堕落の一途。必ず作品を投稿すると心に決めて…。因みに締め切りは1年に12回。つまり毎月です。

詩の朗読も定番プログラム。主として自作詩です。

自作費朗読

朗読ではない珍しい民謡の飛び入り。杉本さんは「たらつり節」を披露。

実の御祖父様が作詞した曲だそうで、この曲で踊っている場面に出くわして驚いたとか。

たらつり節

D杉本さんSCN0537


今年、会に貢献したと思われる会員の「表彰式」。今年も「世話人」でご苦労の多かった十和田さんが表彰台に。当然と誰もが納得。忘年会の裏方(ご馳走)もしていらしてこのスタイル。

十和田さん 表彰DSCN0566

名司会のお陰で予定時刻に終了。
2次会へ。
まじめな私論で侃々諤々といったところでした。

談論風発小樽詩話DSCN0576

名古屋から飛んでこられた毛毛脩一さん。煙草を吸いながら、こちらを向いたとき、その伊達男ぶりが、一瞬、創立会員であった
故・米谷祐司さんの面影を彷彿させました。

毛毛脩一さんDSCN0578