エデタ・グロベローヴァの名声を東京の音楽ファンの友人からよく聞かされていました。コンサートに行けたことをとても誇らしげにしていたのでいつも羨ましく思っていました。エデタさんは、わたし達が応援しているスロヴァキア国立オペラ出身だと最近知って何か身近に感じられていたところ、札幌スロヴァキア協会の配慮により、スロヴァキアオペラ実行委員会のメンバー全員で行くことになりました。最高の席のチケット入手。

①DSCN0335グロベロヴァ

初めは少しだけ年齢を感じさせましたが、歌うごとに声がでて、どんどん若返ってゆくのが(外見も)感動的。アンコールでは、ほとんどの聴衆がスタンディング・オベーション。こういう風景は日本では(少なくても私には)珍しいことでした。

アンネチケット2017

翌日は、鈴木喜三夫氏のライフワーク「アンネの日記」を鑑賞。

この前の「アンネの日記」は小樽マリンホールででした。その時感じた不満と違和感がすべて払拭されてすばらしい舞台に。
涙流し放し。↓小樽で公演チケット。

②アンネの日記

丁度カナダから故郷の札幌へ帰っていられた「イヌイットの壁掛け」の著者岩崎昌子さんもお誘いして。

NHK児童劇団で演劇の経験もある昌子さんと初対面らしい鈴木氏。

③ 岩崎&鈴木DSCN0330

8日、車を運転出来る友人の誘いで、以前から行きたかった美唄のアルテピアッザへ。

廃校になった小学校を利用しての美術館。ここにもいかにも無造作という感じで安田侃氏の作品が展示されている。
自然にも古い校舎にもみごとにマッチしている。美唄市のふところの深さ。小樽では高台にある学校が廃校になったまま。なんとかならないか、と思うが。

備え付けのDVDで安田侃氏の人となりと大理石の知識を得る。触るととても優しい感触の大理石。

④アルピアッザ美唄パンフ

⑤ギャラリーらせん階段DSCN0347のコピー

⑥アルテギャラリーDSCN0350

⑦安田侃DSCN0349

田舎の学校にいた幼い頃を思い出す。休み時間が楽しかったな。

⑨学校DSCN0359

さりげない道具がみごとなオブジェに。

⑪ストーブDSCN0360

⑩DSCN0356 - コピー

校庭で拾った銀杏の実。こういうものを見るとどうしても拾わずにいられない人間のサガ(?)。

⑫銀杏DSCN0130

喫茶室に入ったとたん、しばらく会わなかった友人二人が!
そのあとベートーヴェンの「田園」で演奏されるような雷と土砂売り。

アルテ・ピッザア

スロバキアオペラ

おまけ。
今日の猫。雨なので寝ています。
慎吾はどこへいったのか居りません。

珊瑚DSCN0143

猫のように気ままに好きなことをして暮らせたら、と思う日々。

とりあえず、今の平和と自由に味わえる芸術を少しだけ味わっている昨日今日。
こんな日々が死ぬまで続くのかと、心配になる昨今…。

ちぐら眠いDSCN0152
Otaru BooK Art Week イベント、本日(10月30日)あと数時間を残して(3日延長)無事終了いたします。

ステンドグラスDSCN0107

市内の美術館の学芸員の方が絶賛する「アリスパズル」。床のひび割れの手法はヒロコさん独特。ALISという文字が隠されているのもヒロコさん独特のウィット。この作品も稀少。

アリスパズルDSCN0104

この期間、今までになく大勢のお客様、主としてヒロコファンがおいでになりました。ヒロコさんとご主人のご逝去をまったく知らなかったという方も多くいらっしゃいました。改めてご夫妻の強烈なキャラクターが多くの方に驚かれながらも、愛されていたことを感じました。

まだしばらくギャラリーは、11月19日頃まで、このままにしておきますので、おいでになりたいお客様はご一報下さいませ。

今日は雪模様。家の前の薔薇の6分咲きくらいのを、切り取りましたらたちまち開きました。
この容器は、長谷川氏が、東欧の蚤の市で購入したもの。NDA画廊の時代に1対の半分1個を購入しました。もう1個はヒロコさんが持っています。

森ヒロココーナーDSCN0109
Otaru BooK Art Week が10月25日で終了しました。
たくさんの森ヒロコファンの皆さまがおいでになりました。ヒロコさんの愛情深さが偲ばれるイベントでした。
お金に換えられないものを皆さまからいただきました(もちろんお金に換えられるものも…)。
ヒロコファンのお客様は素敵な方ばかりでした。

版画をお買い上げのファンの皆さまありがとうございました。
一番人気の可愛い作品(絶版です)。

読書DSCN0092

海外でも高い評価を受けた「落書き」。これも稀少です。

落描きDSCN0095

ヒロコさんの版画塾生だった、在スロバキアの洞野志保さんの作品。

洞野志保DSCN9960
このたびのOtaru BooK Art Week のフライヤー担当の熊澤英俊さんの出展作。
モデルは珊瑚営業部長とあとりゑ・クレールの窓からの風景のオブジェ。素晴らしい! 

しろくま食堂で、このジオラマをご覧になれます。

あとりゑ・クレールの窓からDSCN0055

お客さもの接待(?)でお疲れのちぐら接待部長。
大変な失礼をお詫び致します。

ちぐらの態度

ありがとうございました!

なお、ご要望により 引き続き、10月28日(土)、29日(日)、30日(月)の3日間を開館します。 12:00から17:00まで。
どうぞおいで下さい。2階喫茶室でお茶の用意もいたします。お待ちしております。    
印刷物の発送が諸事情で遅れ、道内の猫の事務所通信読者に送りました。
憂国の3社員による、緊急号、300部つくったのですが、投票日迄間に合わず。
道外は送りませんでした。

猫の応援page001

あまりよいお天気ではありません。投票率が上がらないのでは??
期日前投票は好調だった、と聞いていますが、まさかライトさんの大量動員ではないでしょうね。

衆院選応援号DSCN0080

ああ、疲れた! とちぐら接待部長。

Otaru BooK Art Week 展の接待のほうはお見事です。 

ちぐらの態度

お早めに投票所へゆきましょう。
猫の平和のためにも、にんげんの皆さまよろしく!
今年の「おたるBook Art Week」は森ヒロコさんのEX-LIBRIS(書票)展です。

森会場FSCN0007

初期の作品も所蔵しています。

初期作品DSCN0004

ヒロコさん追悼のコーナーです。本のオブジェ制作は、今年のフライヤーとマスキングテープデザイン担当の熊澤英俊さん。

森ヒロコ本DSCN0003

また、当ギャラリーのオーナーが、永年ヒロコさんと親しくしていただき、フランスでの個展に2度同行したことがありました。
その折に書いて小樽詩話会に投稿していた紀行文を追悼文として、発行いたしました。
それも展示しております(販売もいたします)。

森追悼紀行DSCN0012

まさかこんなに早くお別れするとは、思わなかったのです。
今読むと、ヒロコさんのことを随分観察していた自分に驚きます。

2階喫茶室でハーブティ、珈琲、ケーキなどをお楽しみ下さい。

新入社員のちぐら接待部長もお待ちしております。

張り合うちぐらDSCN9986