上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月29日から3日間、「愛・藍染め森の仲間展*at小樽」が開催されます.

5月30日のイベントに参加ご希望の方はチケット1200円で発売中.
実行委員会・和田さんや実行委員メンバー、あとりゑ・クレールで扱っております.

当日直接おいでになってもよいですが、できるだけご予約をお願いします.

森の仲間の代表者徳村杜紀子さん(愛称おばば)を始め、アメリカからもノーマ・フィルドさん、
昨年も来日されたレスリー・ピンカスさんたちが参加されます.

愛*藍染め 森の仲間展枠有のコピー

徳村杜紀子さん 夫徳村彰さん(通称森のおじじ)と北海道滝上町で「森の子どもの村」を主宰.夏は電気、ガス、水道などもない森のキャンプをはじめ、藍染め・草木染め、織、手作り遊びを続けています.

徳村さんの「森」はこうなのです(当用漢字にはありません).一般出版社では認めてくれず、自書を自費出版したそうです.

2森

徳村彰本

2009年夏に来樽されたノーマさんと小樽の仲良したち.

ノーマさん和田・生石さんP8161639

多数のおいでをお待ちしています.

会場は小樽駅から歩いて5分.すぐ.5号線沿い山側にあります.
溜まったDVDを整理していたら、テレビから録画した古いビデオ出てきました。2003年のものです.
その中に「徹子の部屋」の追悼番組がありました.
俳優の天本英世さん・噺家の春風亭柳昇さん・染色家の久保田一竹さんの追悼です.
このお3人の方は同じころ亡くなられたのでした..

染色家の久保田一竹さんについては、あまり知らなかったのですが、何かの番組で「この世で一番美しい布は雑巾だ」と言われているのに驚いたことがありました.洗練された着物の柄に命をかけている方が・・・・・と.

久保田一竹DSCN5299

偶然にも、柳昇さんと天本さんは、個人的なおつきあいがありました..

柳昇さんは、勤めていたとき、イベントの企画をしていて東京の友人が紹介してくれて北海道へ来ていただいたのでした.そののち東京で何回かお目にかかりました.

柳昇さんは海軍にいて甲板で爆撃を受け指を損傷しました.友人が打たれて死んでゆくのを見ているだけだった、とわれました.
また、「戦争は嫌だ、何の恨みもない相手を殺すんですから」と・・・・・..

黒柳・柳昇DSCN5294

天本さんは、私が50代の初め、「ロルカの夕べ」で天本さんが道内を巡演した折、企画に関わったことがご縁で、「天本英世とめぐるスペインの旅」で17名のツアーに加わり、19日間のスペイン旅行をしたことがありました.

(今思うと、休暇を溜めたとはいえ、よく勤めを休めたものだと思います。もはや「古き良き時代」だったのか).

DSCN5286.jpg

天本さんは戦争にはゆかなかったがものの、徴兵され、陰湿ないじめにあったと伺いました。
.皆の前で恋人からきた手紙を読まされたことがあるとか.俳優としても素晴らしかったが、何の理由もなくスペインのフランコ政権によって虐殺された詩人ロルカの朗唱をライフワークにしていました.

天本さん

「カルメン」でドン・ホセが隠れていた山賊に交じって隠れていたといわれるロンダの町.
「ホテル・レナ・ビクトリア」には詩人リルケが長く滞在していた.その部屋は公開される日が決まっているのだが、特別な計らいで見せていただいた。

リルケの部屋の天本さんSCN5299

旅の仲間と東京で再会し、新宿のエル・フラメンコというバーへ皆で繰り出したことがあった.
この時、来ていた大学生が天本さんに「仮面ライダーの死神博士」のというとすごく怒りだし、学生さんは困っていた.
.「君は学生のくせに僕がロルカをやっていることも知らないのか」といいたかったのだろう.
芯はやさしいけど怒ることも多かったようです.

天本英世記念館
今日はポール・マカトニーのライブがあるそうで、超高価チケットを取れたファンは驚喜している様子.
ビートルス世代からちょっと外れている年代の私であるが、その喜びが想像できる.

このチケットもようやく取れたのである.当時の金額で3000円.
今ならウン万円というところか.

52年前の、ちょうど今日、札幌の市民会館へシャンソン歌手イヴ・モンタンリサイタルへ.
夢のような2時間.もちろん楽屋へサインをいただきに.握手もした.
八ツ手の葉のような大きな手.
思いのほか柔らかい手!

「パリの恋人」と呼ばれて絶大な人気だった.
パリ・エトワール座での2枚組ライブ・レコードを何回かけたことか.

旧ソ連を演奏旅行したときの記録映画「シャンソン・ド・パリ」が素晴らしくて、
これも人気に火をつけたのではないかと思われる.
この映画のビデオでもあれば欲しいところだが、入手不可能のようだ.
何しろ50年以上前の映画である!

イヴモンタンチケッ1962年のコピー

50代になって、パリ郊外の墓地を訪れる機会があった.
ファンが次々訪れていた.夫人のシモーヌ・シニョレと仲良く名前を並べていた.
享年70歳.1991年11月9日 「IP5」の撮影の後、心臓麻痺で亡くなったという.

.お墓モンタンピアフ

右はイデット・ピアフの墓. 本名のカシオン・ピアフと刻まれている.
恋多き女の最後の恋人テオ・サラボの名もあった.



先日 東京方面での用事があり出かけた.行きは新千歳から羽田空港.
友人とは千歳空港で待ち合わせることにしていたが、同じ便というだけであまりはっきりと待ち合わせなどはしていないので、ロビーでは見つけることができませんでした.
でも搭乗すると友人は、すぐ見つけられた.それもそのはず、私の隣の席なのだ.
一瞬、なんの違和感もなかったが、「あれ???」びっくりした!
だって、別々にチケットとったのだ(私はインターネットで座席指定).友人は旅行会社から!

こんなことってあるんですね.思わずスチュワーデス(と今は言いませんが)、に話してしまいました.
たいへん驚いてアメをたくさんくださいました(^-^)

もう一つは・・・・・
東京の帰りは弟のいる弘前へ寄る予定.いつも知る人ぞ知る弘前のシャンソン歌手・秋田漣さんの
シャンソンを聴きにゆくことも密かに考えていました.
秋田さんはご自分の経営するバー「漣」で毎夜ライブを開いています.
私はまだ二度しかいっていませんが、最初からもうファンになっています.

ところが、私の在京中、恵比寿のライブハウスで公演があることが分かり、すぐ予約し駆けつけました.
やはり「偶然」在京中の熊本の友人と東京の友人と3人でです.

(終演後ご挨拶にゆくと、漣さんは、初めは小樽の高橋と思わなくて、ほかの誰かと間違えていられる
様子だったが、覚えていてくださった).

この日はずいぶん遠くからもたくさんのファンが駆けつけていて大盛況.
村上信夫アナウンサーとのコラボも楽しさを増幅.同行の友人も大感激の様子.

秋田蓮さんDSCN0933 - コピー

村上信夫

2月24日からの「猫の事務所15周年記念シャトンdeミュウ展」の打ち合わせで中島祥子さんを
訪ねました.シャトンdeミュウではちょうど中島祥子さんの「ガラス絵とアッサンブラージュ展」開催中.

ここでまたご贔屓にしていただいている「猫実珈琲店」ご一行様に出会いました.

DSCN0944.jpg


おなじみの銀座蒲田ビル4F(ソニー通りです)のシャトンdeミュウ.

中島さん子アッサンブラージュ展DSCN0936 - コピー


たくさん好きなのがありましたがこれが私の一番のお気に入り.ガラスに描かれたウイットたっぷりの作品.

中島祥子DSCN0941
シャトンdeミュウ
今年50周年を迎えたわれらが小樽詩話会の創始者の一人、萩原貢さんが今年の北海道新聞詩部門で
受賞された.
萩原氏は、過去に小熊秀雄賞も受賞されている.当然という感じで、誰も驚かないかもしれない.

それにしてもわが小樽詩話会の会員はここ数年、北海道詩人協会賞(おのさとし氏)、小熊秀雄賞(花崎皋平氏)、丸山薫賞(暮尾淳氏)など受賞者が続出.

50年間(半世紀だ!)、ごく自然体で、励ましあいながら詩を「勉強」してきた.
会報(同人誌というのと違う)を毎月出しているのも自慢できる.

小さな椅子の鬣(たてがみ)DSCN9731

評DSCN9737


北海道新聞文学賞DSCN9734


おいおい、勝手に「仲間」なんて・・・・・.うちの社員たち.
お手柄DSCN9726
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。