10月のおたるブックアートウイークに引き続き、新作の映画人形が勢揃いしました。
ますます快調、自信作のようです。

あとりゑ・クレールオーナーとしては、あまり「このスターを作って下さい」という注文はだしません。
普段の映画談義の中から、私の好みが聴き取られるようです。

「実地検証」の苦労DSCN9290 - コピー (2)

今回の新作も、ほとんどそうで、箱から出すまでは、何が出てくるか、まさにびっくり箱でした!
上の映画のタイトルはほとんどの方が知っているかと思います。

何かと物議を醸し出す、未だにやんちゃなこの男優は、にも拘わらず大好きなのです。
密かにこの人形を作ってほしいと思ったのですが、何しろハサミの部分がやっかいだろうと思っていました。
その通りで正確な再現に、大変な苦労をされたようです。

この映画も怖ーい! 映画と同じライトの当て方を工夫しています。

ミザリー- コピー

トロントへいった折、ちょうどトロント映画祭が開かれていて上記の映画のキャシー・ベイツが、シャネルのお店に入ってゆくところに出会いました。この年(2003年)、ビート・タケシの「座頭市」がグランプリを獲得。

P9120419.jpg

映画のテーマよりも、実際に食べられそうなご馳走の方が、話題になった「バベットの晩餐会」。
こちらも再現。

バベット・メニュー

バベットご馳走

何度もリバイバルされたけど、オリジナルのモノクロ映画。

青い山脈 新子DSCN9287 - コピー

どうぞお出かけ下さい。

映画の上映会もいたします。映画は、午後6時30分開演です。上映のタイトルが決まりましたらお知らせいたします。

6月19日まで。月・火休館日です。
バベットの晩餐会 再上映
明日5月26日午後5時 あとりゑ・クレールで上映会いたします。どうぞお越し下さい。

不思議なクニの憲法A

上映会に先だって一人試写会。
とてもシンプルで分かりやすく、現在の構図を語るゲストたち。

「戦争が怖くて震える」というインパクトのある言葉を発した髙塚愛鳥さん。

DSCN9163.jpg
DSCN9170.jpg

DSCN9169.jpg

棄権する人が多いことで、今の政権は成立している。
このままではとんでもないことになりそう。
戦後最大の危機にある今。それを自覚していない人が多いことに「怖くて震える」私。

DSCN9168.jpg

お誘い合わせの上、おいで下さい。市内3ヶ所で上映いたします。

.
不思議なクニの憲法
不思議なクニの憲法
5ヶ月も怠けて(?)休業いたしましたが、6月から高山美香さんの新作「映画人形展」を開催いたします。
新緑の季節、ライラックも真っ盛りのあとりゑ・クレールへお運び下さい。
眺めのよい2階喫茶室でおいしい珈琲と映画談義をどうぞ!

         
休館日は月・火曜日(6月6日 7日  14日 15日)11:0~17:00

DM高倉(修正)

あとりゑ・クレールイチオシ映画のヒロイン。このタイトルを言えるあなたは相当な映画通!

②blogバベットIMG_3617[1] (1)

上記に関してもひとつヒント!

③blogIMG_3619[1]

すっかり「古典」の部類になりましたが、このメロディを知らぬ人はいないほど。
パン屋さんじゃないよ。

シェルブール二人上半身IMG_3615[1]

日によって夕方から映画上映の日もあります。
日も長くなりましたので、ゆったりとお遊びにおいで下さい。

アクセスです。
④クレールアクセスblog用 (1)

10月26日(月)小樽に立ち寄られるついで、という感じで開いたコンサート。
ウイークディの午後、という開催で、お客様は女性ばかりわずか10人。キャンセルもあって・・・・・。
(1度目の時は40人おいででした)。

それでも、3回の中で一番,濃密なコンサートでした。

休憩時間も一緒に珈琲を飲んでいただき、お客様との会話が尽きません。
何よりも、秋田弁なまりの原さんのお話が暖かくユーモラス。
原さんは、乗り乗りで、空気がだんだん熱くなるのが感じられました。

休憩時間に話し込む原さん

中でもびっくり!お客様の一人、関さんが過日ご主人の遺品を整理したところ、原荘介さんのCDが出てきたというのです。
なんでもチエコスロバキア時代、滞在中に購入したCD、それが原荘介さんのだった!

関さん購入CD

原さんもこのCDは持っていないそう。まさに感無量というお顔。

関さんのリクエストで「さくら・さくら」を演奏されました。


ご近所の花壇にいっぱいの薔薇の実をいただき、会場に飾ってみました。

薔薇の実DSCN7341
ナナカマドの実DSCN7342

終わってスタッフだけの打ち上げ。荘介さんの体験談は面白く演奏会のおまけといった感じです。
シロクマ食堂マスター渾身のごちそう。すべてがおいしくて原さんも感激してくださいました。
これぞ芸術と食欲の秋。実りの秋。まさに山海の珍味ばかり。
これぞギャラリーオーナーの特典!

(あまりおいしくて写真撮り忘れました!)。
高山美香新作人形に話題沸騰!顔が難しくて何度も作り直したというのがご存知寅さん。
トランクの中にはいったい何が入っているのでしょう。これもいつものことながら精査の上です。

DSCN7290.jpg

すらすらできる人形があれば、何度も作り変え、数週間かかるのもあるという。他に困難を極めたのは意外にも
オードリー・ヘッバーン。S・マクレーン、M・モンロウは簡単だったそう。そんな苦労のあとなど見えない楽しい人形たち。
寅さんがいれば、おいちゃんもタコ社長も欲しいね。「ローマの休日」ならグレゴリー・ペックやカメラマンも・・・・・。
とどんどん夢が膨らみます。

美香さんDSCN7260

会場はちょっと工夫を凝らして映画館仕様になっています。
お客様がわくわくしてくださるといいな。

お客様のお父様のコレクションの映画雑誌。私が中学生の時、北山中学校の図書館で「映画の友」を購入していました。
懐かしい。

映画の友DSCN7289

今のところお客様はまだそう多くありません。
2階喫茶室で映画談議はいかがでしょう。
珈琲のほかに阿蘇から取り寄せたハーブティもございます。ご来館をお待ちしています。

お客様のおみやげの自家製栗や梨ETC・・・・・。そろそろ冬支度。

木の実SCN7282