上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月10日、小樽の道新ホールで「つながろうフクシマ! さようなら原発」集会が開かれた。
元北電社員の水島能裕さんの講演。北電社員が反原発の運動をするのは、勇気のいることと思う。
国内はもとより、世界各国を飛びながら、綿密な資料を集め、それを図表にして、原発がなくても
電気は足りているという結論にいたる。

ユーモアを交えながら話が進められたが、実にわかりやすく納得のゆく内容であった。

ますます原発は危険なもので、人類になんらよい結果を残さないものだということを再認識した。
50分ほどの時間が足りないくらいの内容でもっと聴きたいと思うほど。

水島さんの講演は今回で51回目だそうである。

悪天候をものともせずに集まった人は119人と聞いた。近頃はコンサートであれ、映画であれ
どの会場へいっても女性が圧倒的に多いのに、今日の聴衆の7割くらい男性だったのは頼もしかった。
悪天候のためデモが中止になり残念だった。

130310原発大集会5392
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/65-bb8d942b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。