ギャラリーの隣接の自宅は築23年になりました。
新築の時、うちの猫が自由に出入りできるような仕組みを工務店の社長さんに
考えてもらったところ、外側のコンクリートに穴を開け、居間まで通じる
トンネルを作ってくれました。
2匹が行き合っても衝突しない幅があるということでした。

夏は涼しい風が入ってきますが、冬はやはり寒い。それでもノラちゃんが
ここで夜を過ごすことがあったようです。そのころいたノラの親分チャトラは
ふたを押し上げて堂々と家に入ってきました(そしてふたを持ち上げと出てゆく
術も習得!)。

うちの社員猫が何かの気配を感じ取っています。

①怪しい気配

②ここ開けてみて

③のコピー

いっとうよく来るのは吉田君です(実は女の子でした。昨年の春小さな体ながら5匹の子の母親に)。
しかし育児は不得手で、主にご近所のBさんの宅でこれらの子猫を世話してくれました。
BさんのところにはイクメンのJ君がいて、吉田家の子を育てあげたそうです。

④いつもすみまあせん
上の吉田君の写真は昨年5月撮影
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/56-e364829d