2013.02.21 小林多喜二忌
この上品な紳士はどなたでしょう?
もうずいぶん前、小樽文学館主催で小林多喜二をテーマのイベントの折の
多喜二氏の実弟小林三吾さんと当時NHKの声優だった白坂道子さんです
(多喜二が恋人たきさんにあてて書いた手紙を朗読しました)。
講演の前のお茶のひと時です(私は白坂と親戚筋のため同席させていただ
けたのでした)。

三吾氏は実に物腰の柔らかなやさしい雰囲気に包まれた方で、多喜二の家庭が
実に好ましいものであったことが伺われました。
講演で三吾氏は兄の思い出を語り、地下活動中にひそかに会ったのが、
日比谷公会堂で、その日はヨゼフ・シゲティ指揮のベートーヴェンのヴァイオリン
協奏曲であったこと、その日が兄にあった最後の日になった、と話されて絶句。
退場されました。
子供時代にヴァイオリンを買ってもらったことがあるそうですが、
のちに三吾氏は東京交響楽団の 首席ヴァイオリン奏者になられました。
ヨゼフ・シゲティ氏の指揮で 同曲を演奏した時は涙が止まらなかったということです。

小林三吾&白坂道子のコピー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/53-ad8fa71b