FC2ブログ

昨15日(土)本イベントに因ん「「鉱石の朗読会」が開かれました。

更科理恵さんのハープと工藤ひろ子さんのオカリナで美しい幕開け。
工藤さんの朗読。更科さんの清らかな歌声。

更科・工藤ハープ・オカリナDSCN9477

萩原さん。ちょっと自虐的なご自身の老化を茶化した楽しい自作詩。
こんな詩が書けるくらいなら老化していないでしょう。

萩原貢朗読

村田譲さんのおなじみパフォーマンス。

村田譲2のコピー

今イベントの作家、森れいさんの朗読。

森れい朗読

全部で11人の方が朗読しました。

それぞれに個性のある朗読作品のチョイス。ほかに簪組の皆さま 平井様 丹羽様   全部で11名。

そして…、お客様としてお聴き下さった、前進座の歌舞伎俳優で、現小樽観光大使としてご活躍の妻倉和子ご夫妻も、おいで下さり
最後に「おねだり」しましたところ、いとも心やすく「覚えているかどうか…」とおっしゃりながら、さすが声量豊かに「出雲の阿国」の中から代官とのやりとりを(男女の声二役でよどみなく)演じて下さいました。

出雲阿国朗読妻倉和子

他に簪組(田中・宮野入・山内様)、丹羽様 平井様も個性に富んだ朗読。全部で11名。ありがとうございました。


素晴らしい「鉱石の夜」になりました。

宝石はこうして飾り、見ていただくことによって、ますます輝きを増す、といいます。
オーナーとしては、毎日毎日眺めさせていただき、至福の至り。
ひとつひとつ工夫を凝らして創作したジュエリーの数々。目が洗われるようです。
明日(月曜日)まで。
ぜひぜひご覧になっていただきたいものです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/441-f01e7fec