FC2ブログ

昨年の8月に突然思い立ったフランスの旅。しかもカンヌ映画祭の期間だというので、カンヌへは日帰りできる南フランスの小さな町、サン・ラファエルに滞在して、カンヌへ2日行ってみました。
娘のようなKさんは、語学力もあって助けていただきました。二人とも、フランスは4度目。私も4度目です(似ていないのに親子と見えるのか私はママンと呼ばれた)。

地元の新聞には、毎日カンヌ映画祭の記事。キヨスクに買いに行きました。

みごとグランプリに輝いた韓国の監督。因みに昨年は日本の「万引き家族」でした。

ボン・ジュノ カンヌ映画祭ー

今回は、高山美香さん作成の世界の映画監督の消しゴム判子のメモ帳が「国際交流」に大いに力を発揮しました。

ボン・ジュノ監督

フランス・アメリカ・イタリアの監督の中に東洋人の監督も入っています。奇しくもその一人、韓国の・ボン・ジュノ監督も入っていました。

カンヌの街は当然人であふれ、大変な賑わい。レッド・カーペットの前には何時間も前に席を取らなくてはよくみられませんが、大形テレビでもその様子は分かります。

わたし達が訪れた最初の日は、まだそれほどでもなかったので写真を撮ることが出来ました。赤いコスチュームの女性は有名女優でしょう。あとはその関係者(親戚・友人・関係者?)などでしょうか。

レッド・カーペットDSCN9097

最終日には、人垣の後ろの柵に登ってレッド・カーペットを眺めました。スターを見たい人は、何時間も待っていた様子。
20代の頃見たフランス映画のヒロインも美しく年を取ってレッド・カーペットを登る。、

おやつや飲み物を買って海岸の砂浜へ。

大形豪華客船が沖に停泊。飛行機で来る人もいれば、この客船でくる人も。埠頭から絶えずボートやヘリコプターが、スタッフを運んでいます。
望遠レンズで捉えた映画人の取材シーン。有名監督でしょうか。

DSCN9141取材されているスタッフ

あとで調べて女優はエル・ファニングと判りました。前の日、会場で失神したと伝えられていました。あまりに衣装で締め付けられたのと体調不良が原因だったそう。

イル・ファニングDSCN9137

街の看板。ジュニー・ディップも来ていたのでしょうか。

ジョニー・ディップDSCN9112

大形テレビに映し出された画像。

街の看板DSCN9338

カンヌの家の壁には、至る所にこんな絵がありました。

カンヌの街角DSCN9255

「映画の旅」とは結果的にいろいろな出会いがあったための後付けタイトル。
とてもとても語り尽くせない多くの出会い…。「映画の神様」が付いていたようです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/439-ded45a76