FC2ブログ
昨5月1日は森ヒロコさんの一周忌、ご命日でした。
この日に待望の「森ヒロコ作品集」が届きました。
エッチング、クレヨン画、パステル画、色鉛筆画、75歳までの生涯の作品が網羅されています。

morihiroko DSCN0925

morihiroko DSCN0924

私が初めて目にする作品も多いことに驚かされます。

morihiroko DSCN0927

編集を引き受けたのは、お弟子さんで親友でもあった辻中裕子さん。たくさんのお弟子さん達やお友達の協力があったことでしょう。

ヒロコさんの夫君、長谷川洋行氏に、すべてを任されて、たいへんなご苦労があったことだろう、と思われます。

長谷川さんのヒロコさんへのプレゼント、ということで、出版を考えていられたのですが、ヒロコさんより半年も早く、交通事故で
亡くなられました。

今、天国で手を取り合って眺めているでしょうか。或いは気むずかしい処のあるお二人ですから、歓びの中でもあれこれ言っているかも知れません。

私は、ヒロコさんのフランスでの個展に2度同行させていただきました。
瀧澤夫妻の経営するギャラリー「Galerier Nord-Est」はパリとオーベール・シュル・オワーズにありました。

2度目の訪仏の頃は、ストラスブールに移転していました。旧市街の真ん中の素晴らしい環境の中で、和服姿のヒロコさんは、現地の人々に絶大な人気がありました。

ストラスブールのギャラリーノルドエストに①て

子供が大好きなヒロコさん。

ストラスブールの個展会場にて

町を散策する。名所旧跡よりも、街の顔、といったお店を覗くのが大好きだったヒロコさん。1996年、パリマレ地区にて。

パリマレ地区1996てのコピー

1996年、ルーアンで。

ルーアンにて1996



森ヒロコ作品集」 一般書店で発売中。2018年4月20日発行  発行・柏艪社 発売・星雲社 
定価3800円と税


当あとりゑ・クレールでも販売しております。道外の方は、書店に注文してください(送料が高いので)。
お近くの方は、どうぞ当店まで。少し重さがありますので、お車の方はどうぞ。


森ヒロコ・スタシス美術館
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/415-edb81e9b