FC2ブログ
2018年2月28日の東京新聞(朝刊)の記事です。

雛 20180228東京 安田邸

このときの空襲は1945年4月13日ではないかと思います。私の家は今の文京区千石(当時は小石川区林町)で、この日の空襲で焼け出されました。私と妹は古平の伯父の家に預けられていました。父母と赤ん坊の弟が古平へ来たのは6月に入ってからだと思います。午後の定期船で着いた両親を妹と迎えに行った光景ははっきりと覚えていて、母の言った言葉が忘れられず詩にしてみました。「焼け跡に見覚えのあるお雛様の首が落ちていたので、ここが家のあった場所だと判った」と父が言っていました。父が生きていたときには内裏様だけまだ今の家にありました。内裏様だけ疎開したのです。その後どうなったか。探してもありません(家を建て替える時に処分したのか)。

お雛様

避難先の林町小学校から戻ってきた朝、焼け出された人達は奇妙に明るくて冗談までいっていた、と。父の話です。
また、父は、焼夷弾で焼け始めたお隣の二階の窓が開いていたので、閉めて来た、と話していました。
非常時にとっぴょうしもない行動をするものなのでしょうか。
隣組で消火のバケツリレーの訓練をしたけれど、実際にだれもそんなことはせず、逃げるのが精一杯だ、というのは当然です。

最近は小さな猫雛をひとつずつ買い足すだけ。鼠もいますよ。

猫雛DSCN0641

名無しの野良猫ちゃん。厳寒を何度もくぐってたくましく太っている。慎吾と何の話題?

tennteki DSCN0541
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/411-ac900440