6月13日。余市在住のKさんから、家の近くで3匹の捨て猫がいるというSOSがありました。
広い共同住宅の敷地内に捨てられていたということです。Kさんの家には小型の柴犬がいるので飼えません。
同じ敷地内の優しい女性がとりあえず保護している、ということでした。

まったくその前日に仔猫が欲しいという方から電話をいただいていましたので、すぐに紹介。直ちに決定!

貰われた猫メス

これをhotnewsとして猫の事務所通信105号に掲載。残りを募集したところ、送った翌日に読者の方から欲しいと言う電話がありました。最近ペット可マンションに入居したのです。
貰われたのはうちの接待部長ちぐらにそっくりなキジトラ猫。性格まで似ているようです(人なつっこい)。

ちぐらににた猫1

飼い主 芳賀さんのコピー

そして残りのふわふわ猫♂は、このたびずっと面倒を見てくれていた優しい西さんが引き続き飼って下さることになりました。

②灰♂保護した方が貰った猫

猫を捨てることは法律的にも禁じられていることではありますが、こうして互いに助け合う精神で命が助かるのであれば、
これも一つの方法で、奨励はできないけれど、いきなり保健所へ持ち込むよりはよいのかな、とも思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/393-4ebec546