上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在開催中の小樽文学館「河邨文一郎展」の一環として、5月21日「河邨文一郎詩文朗読会」が開催されました。

まず簪組(かんざしぐみ)のメンバー、宮野入恵美子(美しい背中)・山内紀子(セピアの風景)・田中瑞枝さん(浮浪児論)がエッセイを。そのあと詩を群読された。

河邨文一郎朗読会

腕白坊主だった頃の「セピアの風景」(山内さん朗読)は、昭和初期のやんちゃな中学生時代の「決闘」の様子が夏目漱石の「坊っちゃん」を彷彿させるような描写。悲しい話でもないのに涙が出てきたのはなぜなんだろう?
続いて熊谷ユリヤさんのハープ演奏と朗読(ユリアさんは河邨氏の作品を英訳もされている)。なんと歌も!多才なユリアさんである。それにつけても思い出すのは、詩は、翻訳に耐えうるものでなければならない、と言われたお言葉を大切にしている。

熊谷ゆりあSCN9658

河邨文一郎展のしおり。窓口で販売中。詩の弟子として末席を汚していた私には貴重なもの。

河邨文一郎しおりDSCN9670

その中で見つけた箇所。金子光晴の原稿を隠したと言う話は知っていたが、特高に目をつけられていた、検挙されたことは奥様も知らなかったと言われた。

河邨検挙DSCN9675

詩同人「核」の仲間。夏冬の「強化合宿・恐怖の詩合評会」が懐かしい。
またお正月には同人が招待された。
河邨邸前で。田上義也氏の設計で真ん中の門柱飾りフクロウ(砂沢ビッキ作・アイヌの神様コタンクルカムイ)は、只今小樽文学館に展示中。

核の会 お正月合宿 河邨邸前

今朝はさわやかな気分で目覚めた。今年一番のカッコウの声。いつもより4日早い(このあたりでは例年26日)。
窓を開けるといろいろな鳥の声。このままの平和が続きますように。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/389-0ac993b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。