上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保護中のツグミ。facebookに投稿しましたら、いろいろなアドバイスをいただきました。ありがとうございあす。
水・蜂蜜・パン屑・鰹節などを与えてみました。

この大雪で衰弱したらしいのですが、お陰様で、一晩で元気になりました。水分は大切なようです。

1珊瑚見守るDSCN1393

お別れDSCN1383

覆いを取って空を見せたら飛び立ちたいのか、ケージの窓をつついて暴れました。

2回復DSCN1401

このケースでよくお世話になる鳥獣保護委員のTさんに相談。

明るい時に平地に放してはいけない。弱っているのですぐカラスに狙われてしまう。夕方などに林の中などに放すのがよいとのことです。
Tさんのところに持ち込み放鳥をお願いしました。
先日の大雪で衰弱した鳥がたくさんいる.Tさんのところにもフクロウなどたくさんの鳥が持ち込まれているそうです。

昨日(13日)無事元気に飛んでいったというお知らせをいただきました。

猫社員も結構気疲れしてた様子です。

4ああ疲れたDSCN1187のコピー

5お休みなさいDSCN1192

おまけ。11年前今の何倍もの種類の野鳥が観察できた頃の自費出版の本です。

環境がどんどん悪化しているのが恐ろしいくらい判ります。

⑥小樽野鳥記
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/378-01afec8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。