また冬がやってきた。冬の始まりは、何となく心がシンとする。これから冬に向かう決意。永いと思われる冬もあっという間で
まったく「春遠からじ」なのだけれど。

また冬DSCN1358


しかし、今年の冬の訪れは、例年よりも重苦しい気持ちである。あまりにも劣悪な政治家と国政。
平和が壊れてゆく予感。絶望的な気分になりがちな日々。

9:11の年の拙詩集「春の椅子・冬の薔薇」より

ツインタワーの崩壊画像を見て、誰もが予感した世界の悪い方への傾きが、予想以上に現実となった。

今は、この詩が甘く情緒的にすら思われる。

雪しずかblog

関連はするけれど、ちょっと飛ぶことになる話題。
放射能まみれで、食の安全もあやうくなった最近、数人の友人話題は食から、衣服の話題で感想が一致。

安物でなくてもすぐに着られなくなる(もちろん私など、最近は高価な衣類は買えないけれど)。なぜなのだろう?
セーター、Tシャツにしても、ワンピースやスーツでも、あまり長持ちしない、という会話があった。

そこで、私は、経済対策としえ、もはや若くはないのだし、古い物でも傷んでないものなら着ることにした。
流行遅れを気にしないで。

コートは20年近く前のもの、リバーシブルで重宝。2着分。

最近クローゼットの奥にしまい忘れていた純毛ブレザー、後ろ襟に合成皮革の裏打ちと丁寧なつくり。

ピンクのブレザーDSCN1362

裏人工皮革だがDSCN1363

購入してから13年以上経ってるが、まだ着られそう。これも丁寧な手作り。

ワンピースDSCN1365
以前は<装苑モード>というブランドが贔屓だった。札幌のそごうデパートにあった。小柄な私にサイズも合い、丁寧な作りで大好きだったが、いつのまにか消えてしまった。まさか長持ちするから売れなくなったのでは??

あるお方達の一晩でう?万円の食事代が、うちの一月分の食費。
それでも彼らが食べているものよりよっぽどおいしいかも…。そう、安くて美味しい物もたくさんあるんだ。

古くても着られる洋服も。

余談だが明治生まれの亡父は洋服職人。私のスーツは全部父の手になったものだった。
紳士服仕立てだったわけだ。当たり前のように着ていたが、贅沢なことだったのだろう。さすがにもう着られないが、まだタンスの奥に眠ったまま。どうしよう?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/376-4e585997