この8月は、私はしばしの休養。
映画も見ました。演劇1回。
水族館に3回通いました。魚より動物(亀・セイウチ・ペンギン・オタリア・カワウソ、それにイルカ(魚ですね?)など大好き。

もうすっかりネットでは有名になっているようですが、中でも今年から「契約社員」として雇用された羊2頭(♀、名前はありません)にすっかり心を惹かれてしまいました。3回のうち、1回は羊を見るためだけですから入館しません(入館料は1400円ですが、私は「○○歳以上」ですから無料。これを知らない小樽市民が多いようです)。

遊園地のあるそばの斜面で毎日草を食んでいます。除草剤を撒く代わりに羊に食べて貰い、エコにもなる、というアイデアです。
草は塩分を含んでいるので羊の健康にもよいそうです。3ブロックのうち、2度目の時は2ブロック目、3度目は3ブロックに移動。
1ブロックはもう草が生えかかっています。ススキだけ残っているのは茎が堅くて食べにくいからだそうです。

①働いている羊DSCN0250

②水族館に羊なぜ?DSCN0201

大雨で雇用条件の記載がにじんでいます。

③労働条件DSCN0285

④一休みDSCN0205

閉館時には飼育員が迎えに。まだ草にご執心。

⑦まだ食べたいDSCN0287
⑧まだ食べたい-1DSCN0280

館外にある社宅へ帰る。

⑪DSCN0309

意外に質素な社宅だけど、食べ物がよいので我慢。脱走することもあるとか。

「羊」といえば、先日小樽美術館で開催した「THEY展」で展示された三宅かほりさんの小さな本数冊のうち、1冊「べえ~べえ~べえ~」は羊の赤ちゃんが主人公。あまり可愛くて素敵な本なのでむりに売っていただきました。

13 かほりさんの絵本DSCN0275

とっても可愛くて素敵な絵。何度も眺めました。これは苦心の手作りで1冊しかない本ですが、このあと有名出版社から発行されるそうです。

14かほりさんの絵本DSCN0274
小樽水族館

おまけ。青塚食堂前で。
祝津の海岸には猫も多い。必ず出会います。

⑫猫悠々DSCN0127
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/361-09577252