2016.08.07 夏を楽しむ
今年に入ってからの7ケ月は、毎日がとりとめも無く忙しく過ぎた。確かに予定は多いが、今までもそうだったのだから、老化による能率低下が原因かと思われる。
そこで8月は、思い切り休養し、鋭気を養おう、と思う(本当は怠けて好きなことだけしたいだけかも)。でもいいでしょう、夏なんだから。
大好きな安西水丸さんの最新刊「a day In the life」。
絵も文字もびっしり。ベッドで読むには文字が小さいが。癒やされる絵だなあ。風土社発行 1800円+税(安い!)。

安西水丸DSCN0139

当分、客室(正確には屋根裏部屋)へ本を持ち込んで読みふける。この本はそんな風に読むにぴったり。
水丸氏は、私と同世代。こんな1ページにも大いに共感する。「昭和30年代、おそらくこの10年間は日本のベル・エポックだと思っている」と書いていられる。

日本のベルエポックDSCN0142

余談だが亡くなられる少し前に、詳細を忘れて申し訳ないが、暮らしの手帖社発行の「イヌイットの壁かけ」を一冊の本として推挙していた。この本は友人の岩崎昌子さん著。昌子さんはイヌイットの素朴な手作業の仕事に早くからアートとしての価値をみだしたコレクター、今はカナダ在住で、きどきふるさと札幌へも。

文字通り時の経つのを忘れて、寒くなったので窓を閉めようとして夜空を見ると流れ星!
そうか今月はペルセウス流星群が見られる月だった。朝刊に「今夜あたりから流星の数が増える」とあった。
深夜なので、家々の明かりも消え、丘の木々がうっそうとしている。
少し前に雨音がしていたので、空が洗われて綺麗になったらしい。いつもは見えない星が無数!
こんなにたくさんの星をみるのは久しぶり。双眼鏡を取り出して夜空を眺めた。
北西の方面から下に向かってゆっくり落ちてゆくのは人工衛星だろうか。

「月のこよみ2016」も天体に関しての知識を与えてくれる楽しく美しい本だ。
誠文堂新光社発行 900円+税

DSCN0157.jpg

今日(8日)は、星のことがもっと知りたくて小樽博物館のプラネタリウムへ行ってみた。以前、緑町にあった青少年科学博物館のプラネタリウムに比べるとコンパクトだ。鑑賞者10名ほど。丁寧な解説付き。もう一回行かないと覚えられない。
 
「月のこよみ」より 8月の月。

8月の暦DSCN0160
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/358-cff42d11