札幌では、いつも今頃、美輪明宏さんのコンサートが開かれているが、ここ数年ご無沙汰。久しぶりでコンサートに。
ニトリホールほぼ満席。今や(嫌いな言葉だが)国民的歌手。最初から反権力の人だが、NHKにも嫌われないまれな歌手。
聴衆はほぼ95%が女性。若い人も多い。40代~50代がファンの中心のようだ。

DSCN9809.jpg

冒頭から政治的なトークで入る。美輪さんの場合は、何の違和感もないのがフシギ。映画の話題の中に私の好きな成瀬巳喜男監督の名前がでたのも嬉しかった。

丸山明宏と名乗っていた若い頃、小樽にも「労音」があって、市民会館でコンサートが開かれた。当時「ヨイトマケの歌」がヒットしたのだ。
公演後は必ず、出演者を囲んでの「交流会」があった。有名な歌手とお話できるのだ。美輪さんに「尊敬する歌手は?」と質問すると確か「エディット・ピアフとエンリコ・マシアス」という答えだった。どちらもレコードを持っていたので嬉しかった。

その頃購入したレコード。どちらも1500円。今のCDはそれに比べると高価である。

DSCN9814.jpg

DSCN9815.jpg

コンサートは当然だが素晴らしかった。80代に入っているそうだが、テレビで見るより美しい。声量も豊かで声も立派。
「愛の賛歌」もが聴けてよかった。珍しくたくさんの人がスタンディング・オベーションをして(もちろん私も)、すてきなフィナーレ。

家に着いたのは10時過ぎだが、このところ疲れて体がだるいような感じであったのが、散らかっていた部屋をかたづけて、只今ニッカウヰスキーとお菓子を食べながらこれを書いています。

近所の方が迷い猫を保護していて、出かける前に見せていただき、家の前のポスターを貼ってから出かけたが、帰ると家人が近所の○○さんの猫だったと話した。今日は良い日であった。♥♥♥
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/354-9075ff25