上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小樽詩話会52周年記念号が発行されました。
当たり前ですが「おぎゃあ」と泣いてから入会しても52歳。20代の終わりに入会した私ははや ・・歳。
最高齢の方は80代半ばになります。
52年前の創立会員が、まだ二人いて(すでに80代)、ちゃーんと詩を書いています。

小樽詩話会記念号

<本号には69人が参加し、詩とエッセイを発表。
只今会員78人。購読会員(投稿せず、会報を購読する)35人。総計113人の大世帯。
毎月2回、5日と20日に花園町のおのさとし事務所で会合を開いています。
毎月発行の会報「小樽詩話会」はここで、すべて会員の手で、文字通り手作りです。

創立者の故・米谷祐司さんと萩原貢さん。もう25年以上前の写真ですが。

ともに小樽潮祭りの踊り歌の作詞者。高島出身で子どもの時からの仲良しだったそうです。

潮祭りの萩原米谷
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/331-f1fb3e2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。