2014.04.10 映画三昧
両親が映画好きだったので、子供の頃からよく映画を見に連れて行ってもらった.
物心つかない頃からである.それらのシーンを今もかすかながら覚えているのがある.

小学校5年で小樽にきてからも、家族でよく映画を見に行った.
その頃映画は5円くらいで貧しい家庭でも家族連れで
見に行けた.市内に映画館が35軒以上あった.
中学校の図書室では、月刊の「映画の友」があった.中学生なのに、友人がフランス映画ファンで、
その影響大であった.「映画の友」は淀川長治さんが編集長で、ハリウッドの美人女優が表紙を飾った.
毎月どれだけ楽しみだったことか.

映画の<br />友

昨年知り合った男性から、お父さんの集めた本です、といって見せていただいた.おおまさに、私が図書室で隅から隅まで一字も残さずに読んだ時代のもの(すると私と彼のお父さんは同年代か).

この表紙の俳優さん、顔はよく覚えている.でも左上と下中の女優さん(フランス人)、記憶があるが名前思い出せないのです.あとは全部判りますよ.

     映画の話をしましょうか?チラシ

この画像は、ごらんのとおり、当所のイベントのもの.うんざりするほど多量の資料を展示しましたが、
次回はもっとすっきりした形でと思います.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/216-0b134e8b