1週間ほど前から、慎吾の姿が見えなくなりました.
暖かくなったので自然の呼び声に逆らえなくなったのでしょうか.
ご飯をおいたままにしておくと、やはり野良猫の「べしゃ」がきて食べてゆくようです.
(顔が大きくて平らなのでこう呼んでいる黒猫です).


お腹が空かないのかしら.どこかでいいお嫁さんでもみつけたのでしょうか.

DSCN1426.jpg


カラスはお皿を引っ張り出して食べます.

DSCN1323.jpg


毎日待っている林檎.でも慎吾は林檎など眼中にないのです(美人なのにね・・・・・).
われわれ人間も幾分・・・サビシイ・・のです.

DSCN1407.jpg


何か自分の満ち足り方を恥じているようなところがある猫でした.
ぬくぬくした生活をどこか身につかないような.安定より自由を選んだ慎吾.

人間の我々は、ちょっとさびしい気がしています。
でもまさか初夏の頃、扶養家族を引き連れてくるのじゃないでしょうね・・・.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/213-597e302f