林家卯三郎さんの公演にちなんで「チャトやお呼びですか?」で知られたはた・さきこさんの私家版
第3集「猫の文学漫歩」の中から、有名な古典落語の漫画化「猫の皿」をご披露いたします.


12猫の皿


③④猫の皿


⑤⑥猫の皿


⑦⑧猫の皿

落語には猫が出てくる演目が多いです.
「子猫」「猫の災難」「猫と金魚」「猫の忠信」などなど.

今回の公演で猫がでてくるかどうか・・・・・.猫の事務所としては期待したいところです.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/tb.php/151-fef37d5d