FC2ブログ
さる11月10日(火)午後3時過ぎ、慎吾渉外部長が、逝去いたしました。
謹んでおしらせいたします。

⑧爪研ぎ慎吾2019年1月

11月9日に、元気がないのでおかしいと思い病院へ。
とても治る見込みのない糖尿病(!)と診断され、即入院。点滴をしてもらいました。
しかしその翌日に亡くなり、驚いています。

慎吾は2014年の秋頃から当事務所前を訪問するようになりましたので、ときどき御飯を与えておりました。
御近所で、たくさんの猫を保護していられる坂東さんも面倒を見ていた猫の一匹。
御飯を与えている責任から、不妊手術もしました。
恋人もいたのですが、その子は里親がみつかり遠くへゆき離ればなれに。

①ごはんまだですか?ー2013-4

冬の寒さを避けるノラちゃん用シェルターは、東京の清水さんからのプレゼント。ここで少しは寒さをしのいだ。ホカロン付き。

②慎吾の家2014年1月

寒くなると家に入ってくるようになり、最初の頃は、壁面の鏡に映る、初めて見る己の姿に驚愕!

③初めての鏡びっくり

④初めて見た鏡ー

それから時々家の中にはいってくるようになりましたが、自分の意志と無関係に、恋人と引き裂かれ、不妊手術をされるという人間の勝手な行動がトラウマになっているらしく、人間を信用していないようでした。3階の一室(屋根裏部屋)に立てこもり、近づく人間を威嚇し(御飯だけはペロリ)、足かけ3年半ほど、ここにくらしておりました。

⑤2015年冬慎吾

ある日突然、3階から自分の意志で降りてきて、家族になりました。
なかなか甘えっ子でした。
お客様の接待もしたし、なにより珊瑚ととても仲良し。

⑫仲良しDSCN0032

下の写真は、入院する前夜。それほど悪化しているとは見えませんが。人間よりも気遣う珊瑚。
(一説によると、動物は、敵に攻撃される危険性があるので、外見は元気に装っている、とも)。
顔つきがいつもと違う気がして、翌朝病院へ。っかなり重症とのこと。もう長くないと言われました。それにしてもたった1日で!

⑫11月10G費の珊瑚と慎吾DSCN0061

「ムシの知らせ」というのか、家族はその直前に。私も3時頃見舞いの予定。

点滴をしたので、生前よりふくよかに綺麗な顔になって、帰ってきました。
しばらく目をあけていました。なかなか男前だな、と初めて思いました。亡くなっているとは思えません。

⑮慎吾天国へ

珊瑚とちぐらには「死」という観念がないらしく、まるで無関心(?)。

慎吾渉外部長は「猫の事務所通信」の政治問題コラムを担当していました。
これからは天国から地球を見下ろすことになります。それこそ「総合的・俯瞰的に」この世界を監視し、メッセージを送ってくれることでしょう。猫の事務所通信をお楽しみに。
皆様、これからもよろしくお願いいたします。
特に、たくさんの慎吾ファンからの応援に感謝いたします。

⑰寂しくなった珊瑚

これからはちぐらと仲良くしなくちゃね。

⑰DSCN0051
スポンサーサイト