FC2ブログ
おたるブックアートウイークに今年も参加しました。

フランスナントにある友人のギャラリー「NORD‘EST」の協力により東欧の作家の作品を展示しております。
大御所ポーランドの画家ヨゼフ・ヴィルコンやスタシスの小品、リトアニアなどの新進作家の小さな版画、スロバキアで活躍中の札幌出身の画家洞野志保さんなど30点、関連書籍もを展示中です。

会場風景 3

水彩画DSCN9984

小さな版画 1

作品DSCN9990

Dream.jpg

今年初めてのイベントは林家卯三郎さんの落語会。ブックアートウイークが1日おいて翌日に迫っていますので、展示を済ませてからの落語会。いつものように卯三郎さんの垂れ幕をかけずにそのまま展示しての高座でしたが、ぜんぜん邪魔にならずに、奇妙にマッチしておりました。2回に分けての高座で、懸念されたこともなく、無事終えることができました。
おいでの皆様ありがとうございました。
ご本人の大層喜んでおいでで、皆様によろしく、とのこと。またお正月には札幌での高座が予定されています。
お楽しみに。

121468352_1861442267327127_8105366252465822513_o.jpg

121081638_1861442313993789_4973904633242716842_o.jpg

あとりゑ・クレールの展示は10月25日まで。12時から17時。2階喫茶室でお休みになれます。
大きな窓からことのほか美しい夕日や最近よく見られる大きな虹を眺められるかもしれません。
スポンサーサイト



あとりゑ・クレール久々のイベントです。
春に企画しながら、コロナ騒動のため、来道できず涙を飲んだ卯三郎さん。
今年は2回に分けて人数も制限。またお席があります。

夏にはレッドベリースタジオで、初めての「ガーデンライブ」。
卯三郎さんも初体験。薔薇の香り、野鳥の声。
緑陰寄席ともいえそうでなかなかオツな2席でした。

こちらあとりゑ・クレールもほんとに田舎。コンビニやスーパーマーケットや喫茶店でも平気なので、それに比べれば、
ここは田んぼの中といっていいくらい。安全地帯と思われます。

卯三郎2020 あとりゑ・クレール

先の日曜日は、古今亭文菊さんの口演「ちりとてちん」と「火焔太鼓」の2席。ひさしぶりの大笑いですっかり元気がでて、億劫だった仕事を、そのあとどんどん片付けておりました。ホントです。笑いは何よりのクスリ。モチベーション高まること間違いなし。

もちろん密を避けて2回の公演。卯三郎さんも張り切って皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。
お申込は

電話・ファクス 0134-22-1354
メール a-clair@kbe.biglobe.ne.jp

おまちしております。途中お気をつけておいで下さい。

アクセス 小樽駅前 バス停留所 ③番線 で赤岩経由祝津水族館行き  かもめが丘団地行き 梅広会館前で下車
直進しミナミ石油看板右手にすると反対側 丘正面にあります。緑色の屋根の家。

タクシー 梅ヶ枝団地入り口下車。 駅からおよそ5分。