FC2ブログ
2020.05.13 コロナ禍の5月
]世界中が不安なかつてない日々。あとりゑ・クレールの面々もおとなしく「STAY HOME」の日々。
お買い物にも映画館にも行きたいけれどしばらくじっと我慢の日々。
とはいえ、環境に応じやすい体質の猫の事務所一同は、そんな生活を楽しむしかありません。

5月はさくらんぼの花が満開です。樹齢45年にもなりますが、今年は昨秋に枯れ始めた右半身を思い切って剪定してもらいましたので却って残された樹が元気になったのか。何か感無量。

サクランボの花2020

その樹にいろいろな鳥がやってきます。1日見ていて飽きません。以前はアカゲラやアオゲラ、エゾリスもやってきました。

最近訪れる鳥。

コムクドリ

コムクドリDSCN9974

シジュカラ

シジュウカラDSCN9889

キジバト

キジバトDSCN0025

おなじみのスズメ
あちこちの軒などに巣を作っています。
子育てに忙しい親スズメも愛おしい。

雀DSCN9897

一頃から見ればずいぶん少なくなりましたが、まだまだヒヨドリなどいろいろ。


ノラアスパラガス。もう70センチも伸びてしまいました。

野原にアスパラ

外へ出たい~、ちぐら接待部長。

ちぐらDSCN0061

テレビも大好き。

珊瑚とちぐらダーウインSCN0015

ブログ管理者は窓の風景を楽しむ。5月の初め。丘全体がピンクに染まる。

2020丘の風景

ウグイスの声で目覚める朝。
そして夕暮れ。西日が反射して神々しいまでに。今日という日の無事を感謝。ことしはことのほかに。
皆様の御無事をお祈り申し上げます。

もえて入るような
スポンサーサイト



森ヒロコさんが
逝去されて早くも2年が経ちました。
今日はヒロコさんを忍びながら過ごしております。
フランスでの作品展に2度ご一緒させていただきました。

一回目のフランスはパリとオーベール・シュル・オワーズでの作品展でした。
この折りに作品展を終えたあと、ノルマンディーを旅しました。
予約も何もしないで行き当たりばったりの旅。今では考えられないことでした

1997ノルマンディー森ヒロコノルマンディで子供達と

パリ4区マレ地区にある瀧沢さんのギャラリーで。通りすがりの人も気軽に入ってきて鑑賞する。作家に話しかける。さすがパリ!

パリ4区ヒロコ

オーベール・シュル・オワーズでにて。夫君故長谷川洋行氏も、あとから到着された。このあと東欧へ。
3人がすでに故人。24年前。

オーベール・シュル・オワーズにて - コピー

5月1日からオープン予定の森ヒロコ+東欧作家版画展は中止に。今年中の展示ができますように。