FC2ブログ

昨15日(土)本イベントに因ん「「鉱石の朗読会」が開かれました。

更科理恵さんのハープと工藤ひろ子さんのオカリナで美しい幕開け。
工藤さんの朗読。更科さんの清らかな歌声。

更科・工藤ハープ・オカリナDSCN9477

萩原さん。ちょっと自虐的なご自身の老化を茶化した楽しい自作詩。
こんな詩が書けるくらいなら老化していないでしょう。

萩原貢朗読

村田譲さんのおなじみパフォーマンス。

村田譲2のコピー

今イベントの作家、森れいさんの朗読。

森れい朗読

全部で11人の方が朗読しました。

それぞれに個性のある朗読作品のチョイス。ほかに簪組の皆さま 平井様 丹羽様   全部で11名。

そして…、お客様としてお聴き下さった、前進座の歌舞伎俳優で、現小樽観光大使としてご活躍の妻倉和子ご夫妻も、おいで下さり
最後に「おねだり」しましたところ、いとも心やすく「覚えているかどうか…」とおっしゃりながら、さすが声量豊かに「出雲の阿国」の中から代官とのやりとりを(男女の声二役でよどみなく)演じて下さいました。

出雲阿国朗読妻倉和子

他に簪組(田中・宮野入・山内様)、丹羽様 平井様も個性に富んだ朗読。全部で11名。ありがとうございました。


素晴らしい「鉱石の夜」になりました。

宝石はこうして飾り、見ていただくことによって、ますます輝きを増す、といいます。
オーナーとしては、毎日毎日眺めさせていただき、至福の至り。
ひとつひとつ工夫を凝らして創作したジュエリーの数々。目が洗われるようです。
明日(月曜日)まで。
ぜひぜひご覧になっていただきたいものです。
スポンサーサイト



森れい 銀のアクセサリー展1

今日から森れいさんのVASARAジュエリー展が始まりました。
銀と各種の宝石を使った創作アクセサリーは、眺めているだけでも幸せな気分になります。


オーナーが特に気に入った作品。とても細かい螺鈿の細工が施されています。

れい トンボのコピー

こちらもお気に入り。

森れい アンモナイト

森れい 銀のアクセサリー展2


2階喫茶室でお過ごし下さい。
フランス直輸入のハーブティ(知る人ぞ知るKUSMI TEA)とフランス・ナントの銘菓LUのビスケットをお楽しみ下さいませ。

DSCN9474.jpg


DSCN9471.jpg

昨年の8月に突然思い立ったフランスの旅。しかもカンヌ映画祭の期間だというので、カンヌへは日帰りできる南フランスの小さな町、サン・ラファエルに滞在して、カンヌへ2日行ってみました。
娘のようなKさんは、語学力もあって助けていただきました。二人とも、フランスは4度目。私も4度目です(似ていないのに親子と見えるのか私はママンと呼ばれた)。

地元の新聞には、毎日カンヌ映画祭の記事。キヨスクに買いに行きました。

みごとグランプリに輝いた韓国の監督。因みに昨年は日本の「万引き家族」でした。

ボン・ジュノ カンヌ映画祭ー

今回は、高山美香さん作成の世界の映画監督の消しゴム判子のメモ帳が「国際交流」に大いに力を発揮しました。

ボン・ジュノ監督

フランス・アメリカ・イタリアの監督の中に東洋人の監督も入っています。奇しくもその一人、韓国の・ボン・ジュノ監督も入っていました。

カンヌの街は当然人であふれ、大変な賑わい。レッド・カーペットの前には何時間も前に席を取らなくてはよくみられませんが、大形テレビでもその様子は分かります。

わたし達が訪れた最初の日は、まだそれほどでもなかったので写真を撮ることが出来ました。赤いコスチュームの女性は有名女優でしょう。あとはその関係者(親戚・友人・関係者?)などでしょうか。

レッド・カーペットDSCN9097

最終日には、人垣の後ろの柵に登ってレッド・カーペットを眺めました。スターを見たい人は、何時間も待っていた様子。
20代の頃見たフランス映画のヒロインも美しく年を取ってレッド・カーペットを登る。、

おやつや飲み物を買って海岸の砂浜へ。

大形豪華客船が沖に停泊。飛行機で来る人もいれば、この客船でくる人も。埠頭から絶えずボートやヘリコプターが、スタッフを運んでいます。
望遠レンズで捉えた映画人の取材シーン。有名監督でしょうか。

DSCN9141取材されているスタッフ

あとで調べて女優はエル・ファニングと判りました。前の日、会場で失神したと伝えられていました。あまりに衣装で締め付けられたのと体調不良が原因だったそう。

イル・ファニングDSCN9137

街の看板。ジュニー・ディップも来ていたのでしょうか。

ジョニー・ディップDSCN9112

大形テレビに映し出された画像。

街の看板DSCN9338

カンヌの家の壁には、至る所にこんな絵がありました。

カンヌの街角DSCN9255

「映画の旅」とは結果的にいろいろな出会いがあったための後付けタイトル。
とてもとても語り尽くせない多くの出会い…。「映画の神様」が付いていたようです。