FC2ブログ
page001.jpg

明けましておめでとうございます。
今年は、戦後最大の危機に向かっている年だと思います。
今までのような平和な生活が送れますように、と、今年の願いはたったひとつです。

さてあとりゑ・クレールは1月は休館ですが、折角のおいでの方のために、ユーゼフ・ヴィルコンさんの原画を展示しております。
1999年に、森ヒロコ・スタシス美術館の故・長谷川洋行氏の招きで来日され、作品展を開催。その折に私もお招きに預かりました。

ヴィルコンさん森邸1999年4月

ちょうど、その一ヶ月前に、当方のギャラリr-、あとりゑ・クレールがオープンしておりました。
長谷川氏の強いお勧めで、ヴィルコンさんの原画を購入しました(退職金の残りで)。当ギャラリーには、30点以上の絵本原画を
所蔵しております。
1999年4月、森ヒロコ・スタシス美術館発行のヴィルコン図録。

ヴィルコン図録DSCN8350

ヴィルコンDSCN8358

この絵本は日本では出版されていないようですが、心惹かれる絵です。

DSCN8359不思議な絵

「オタカ王の黄金」。欲張りの王様のお話。この手の話は世界中にある。欲張りはいけません。

「オタカ王の黄金」

「虹」の原画と印刷された色が随分違います。

虹の原画と本DSCN8362

ヴィルコンの絵本は、セーラー出版社から50冊以上出版されています。

ヴィルコン絵本DSCN8385

飾り付け中に猫の手が。

ちぐら横切るDSCN8363

ちぐらとヴィルコン画DSCN8378

裏を点検。

後ろに何かあるSCN8372

おいでの折はお電話下さい。もちろん無料です。1月~2月まで飾っております。



スポンサーサイト