FC2ブログ
東京新聞の記事です。なあんだ、マイクロチップいれてたのね。と思うのは、大好きなロシア映画「こねこ」を見ているせい。
この映画の主人公チグラーシャは、窓から落ちて、たまたまその下に停車していたトラックに乗って遠い町へ。
さて、どうして見つかるのでしょう。というところが、ミソ。ちゃーんと洒落た伏線があるのですね。
クリスマス頃になるとこの映画が見たくなる。もう何回くり返してみたことでしょう。
大人も子供も楽しめる映画です。

猫ちゃん東京新聞

ロシア映画こねこポスターのコピー

このチグラーシャに、初めて連れてこられた捨て猫(?)がそっくりだったので、一目惚れ。里親を探すマもあらばこそ、うちの子になったのが「ちぐら」。2歳になりました。

ちぐらSCN8343

ところで猫の事務所通信116号を元旦に届けようと早目に作成していたのですが、どうしてもアプリケーションの変換がうまく行かず、なんと7日以降に届くそうです。年始状も兼ねているので、失礼してしまうかも。
というわけで、読者の皆様に新年のご挨拶が遅れることをお詫びいたします。

版下です↓

猫の事務所通信116号DSCN8322

あれこれしなければならないことが多いので(普段怠けているので)、このあと、年末の三日間は、パニック状態。
猫たちは、お稲荷さんと海苔巻き状態です。

お稲荷さんと海苔巻きさんSCN8333

来る年もよろしくお願いいたします。 
スポンサーサイト
小樽詩話会が今年で55周年を迎えました。
会員が72人、維持会員ともお呼びするべき購読会員が36人 計108名が名簿に名を連ねています。

DSCN1977.jpg

恒例の記念号発行に合わせて開催する忘年会。今年もたくさん集まりました。
遠くは名古屋から。
まず、今年特に会に貢献した方の「表彰式」。ユーモラスなお祝いの言葉のあとに、賞品も手渡されました。

DSCN1938 - コピー (2)

今年までの世話人さん。ご苦労様。
この会場の関係者なのでお料理を運びながらなので大忙し。
長い間、ほんとうに有り難うございました。

DSCN1866.jpg

それにも劣らず大変な編集者。
これからもよろしくお願いいたします。

DSCN1867.jpg

乾杯のあと、これも定番の3分間スピーチ。
お題は「今年の私のビッグニュース」。
ユーモラスなスピーチが続きました。どの人も3分は優にオーバー。
遠くからおいでの方たち。

DSCN1940 - コピー (2)
DSCN1900 - コピー

DSCN1874.jpg

DSCN1902 - コピー

詩話会の長老とも呼びたいが、精神の若さは並々ならぬ。

DSCN1925.jpg

加藤多一DSCN1907 - コピー (2)

DSCN1898.jpg

DSCN1899.jpg

記念号の表紙のデザイン。毎月の会報の表紙も好評です。松田研さん。

会員ではないが、会友ともいうべき仲良し。記念号にカットをよせてくれました。
佐藤正行さん。

DSCN1884.jpg


DSCN1886.jpg

パフォーマンス朗読の村田さん。

DSCN1901.jpg

記念号は販売もいたします。
156ページ \500
お問い合わせはひとまず当方へ。