FC2ブログ
森ヒロコさんを慕う版画教室の生徒さんが企画した、追悼展ともいうべき作品展。
主催者が驚く程のお客様がおいでになりました。

ファンの方はもちろん、今まで一度も入館したことのないというご近所さん、近郊の画廊のオーナー、お友達(飛行機で遠くからおいでの方も)、皆ヒロコさんをしのび、その個性的なお人柄などのエピソードを語り合い、、改めて作品を鑑賞し、懐かしみました。

お手伝いは何人いてもよいくらいで、及ばずながら画廊に詰めて、楽しい時間を頂きました。

2003年にご一緒したストラスブールでの写真がみつかりました。ご覧下さい。

このギャラリーは、ヒロコさんと親しかった瀧澤ご夫妻が経営していました。旧市街の素敵なスペースでした。現在はフランスのナントで「Le Pttite Galerie」を経営。

⑪DM森ヒロコ NORDEST

レセプションで、お客様を接待する。ご馳走は瀧澤夫人が前日に周到に用意。郊外のスーパー・マーケットへ買い出しに。
瀧澤氏と通称お良さん。

5ストラスブールスーパー・マーケット

私の旅の,メモをみると、「喜子さんが出かけたあと、良子さんと二人で串カツを揚げる」とあります。「ギャラリーへ持参するのは、おにぎり、おせんべいなどのスナック類、たくわん、ワイン、日本酒など」と書いてありました。オープニングにおいでになったのは、画家のステファン氏、オーストラリア人の画家、日本領事夫妻、柳井伊都岐氏(コルマールに住む画家)、現地の日本人など。

1 森ヒロコおもてなし

因みに、故・柳井伊都岐氏はイーゼンハイム寺院にあるグリューネバルドの有名な祭壇画を模写しており、ライフワークとしていられました。その様子が、NHKなどでも取り上げられ放映されたことがあります。(多分)完成したのち、帰国して関西の実家ににお住まいだったらしいです。

猫がお好きで「次女」という名の猫を飼っていました。コルマールにある柳井氏のアトリエを訪問。

8柳井伊都岐と

柳井猫のコピー

その後、柳井氏は「猫の事務所通信」に「アルザス猫便り」として、猫に関するエッセイを何回か寄稿して下さいました。

パスカルさんという画家さんからの讃辞。日本語訳。

ヒロコ作品への感想

個展を前に、瀧澤さん宅で。珍しくヒロコさんの大笑い。

3瀧澤一家と森ヒロコ

瀧澤家に友人を招く。かいがいしく家事も大好きなヒロコさん。

2ストラスブール2003

順序が逆ですが、行きのドゴール空港で.日本酒がお土産。

10空港でドゴール

すぐ外国人に話しかけるヒロコさん。これも行きの空港待合室。

9空港で森ヒロコ

今頃、天国で追悼展を歓びながらも、あれこれ注文(文句?)を言っているかも。
スポンサーサイト
森ヒロコ・スタシス美術館は、しばらく休館しておりますが、8月14日から19日までの6日間のみ、開館し、森ヒロコさんの作品を展示しております。

⑮2018 森ヒロコDM2-2 裏20(2)

久し振りに訪れた画廊。何も変わっていず、お二人が元気な時そのままに、時間が止まっております。

版画の作業室ももとのまま。

⑤作業室DSCN0992

⑥DSCN0995

テーマごとにあるスケッチブックも初めて目にしました。どなたもご覧になれます。

⑦スケッチ帳

猫もありました。モデルはうちの故タイスケ? に似ている。

⑧猫DSCN0986

会場には、これまで見たことのない作品もありました。当然のことですが、丁寧な丁寧な作品。

好きな順位が変わった作品「毛糸の帽子」(左)。この作品は、大変に根気の要る作業を強いるので、今はもう作れない、と60代の初め頃にヒロコさんが言われたことを思い出します。

⑪森ヒロコ「毛糸の帽子」DSCN0981

たくさんの草花であふれる中庭も、雑草が増えていますが、変わらない。


右手に咲いているのは瑠璃玉薊。
この花が咲いたとき、ヒロコさんが「植えないのに、どこかから種が飛んできて咲いた」と言われてとても喜んでいました。
10年ほど前のこと。野の花がいつもテーブルにありました。

中庭DSCN0971

展示場には、前の通り、スタシスの絵画とヨゼフ・ヴィルコンの動物のオブジェが。
長谷川氏が大声でドアの陰から現れそうな錯覚…。

⑨

スタシスが直接描いた画にも19年の歳月が示されている。

⑬森ヒロコスタシス美術館DSCN0975

⑭スタシスDSCN0976

絵葉書、ヒロコさんの画集もお求めになれます。
日曜日までです。ご高覧をお待ちしております。

森ヒロコ・スタシス美術館