イベントそのⅠ
あとりゑ・クレールでは、今年9回目。ますます人気絶頂の林家卯三郎さんの会。
今年も勇んで「北海道武者修行」。

まだPRしないうちから、申込みが入って(珍しいことです)、残席少なくなりました。
人気の程も、お聴きになれば判るというもの。半分以上がリピーターなのです。
一番最後に聴いたのは、今年の春。札幌琴似のレッドベリースタジオですが、「崇徳院」が特に素晴らしかった!

2017 林家卯三郎 DM

昨年のあとりゑ・クレール公演。

林家卯三郎DSCN0874 (2)

リピーターが、またお友達を誘って来て下さるのが有難いことです。
もちろん、実力とお人柄の魅力。

道内でお呼びがあれば伺います。もちろん小さなスペースでも。お茶の間でも、よろしいそうですよ。

あとりゑ・クレールは最大人数で57人のご来場がありました(2010年)。10月なのに冷房をいれたいほどでした。さすがにお客様から苦情が…。でもお申し込みがあればお断りできないもので…。今回は定員40名といたします。

イベントそのⅡ

2017 おたるBbook Art Weekです!
bookarweek.exblog.jp/

フライヤーの素晴らしさに目が点に!
デザイン工房KUMAの熊澤英俊さんが担当しました。
ユーモア・ウイット、ハイセンス!
ついつい全部に目を通したくなる。

DSCN9852.jpg

市内8ヶ所で同時スタート!
休館日、終了日はそれぞれ。

あとりゑ・クレールは10月12日(木)~10月25日(水)まで。休館日は火曜日(10月17日・24日)。
熊澤さんのデザイン、猫柄オリジナルマスキングテープ、スタンプラリーで進呈します。販売もいたします。

当館では、今年5月に逝去された森ヒロコさんの書票展。個人の注文によってそれぞれの個性を生かした
書票のコレクション展。展示&販売。

そのほかにも、サプライズを幾つか用意。どうぞお楽しみに。

2017 おたるBbook Art Week部分クレール

母屋の入り口で皆さまをお待ちする珊瑚営業部長。

syuku 珊瑚営業部長DSCN9748

DM 折りをお手伝い(?)する新人ちぐら接待部長。

ちぐら接待部長DSCN9797

2017 おたるBbook Art Week
スポンサーサイト
水族館オタクの私、といっても魚は食べる方が好き。
いっとう好きなのは、なんと「雇用社員」の羊さん2頭です。

10時から夕方5時頃までが勤務時間。エコで草刈り要員に雇用されました。

この羊は、とくにパフォーマンスといったものはありませんが、なぜか心惹かれる私。ひと夏に何度も羊に逢いに。
どうやら私の顔を覚えてくれたような…。

目が合ったDSCN9374

ペリカンが宿舎へ帰る姿も見どころとしていますが、羊さんが1日のノルマを終えて宿舎へ誘われてゆくお姿は何度みても見飽きません。

お見送りの人が沢山いる日もあります。

羊に触るDSCN9391

文字通り「道草」を食っています。ノルマのスペースにはない、柔らかいクローバーにご執心とか。

羊終業DSCN9389

宿舎へ帰る。お疲れ様。 なにやら神々しく感じます。

羊終業DSCN9476

8月の初めは「夜間営業」もあり、イルカの水槽の前にカフェがあり、それを眺めながらの珈琲やビールの味も格別でした。
この期間がもう少し長ければ良いな、とわがままな要望。

コツメカワウソも必ず見る。二匹いてとても仲良し。抱き合って寝ていることも。

コツメカワウソDSCN9361

ペンギンも可愛い。ほんとにいつもマイペースでウラヤマシイ。

ペンギンDSCN9460

小樽水族館