このところ、憑かれたように猫の事務所通信を発行。今年5回目。例年は1年間で7回の発行です。

明日26日発送の猫の事務所通信105号の用意しています。
うちの社員が手伝いに来たのかな、と思ったら・・・。あれれ!

仕事のじゃまDSCN8742

どちらかというと…

珊瑚の邪魔DSCN8743

諦めて本を読もうとすると、この通り。

読書のじゃまDSCN8736

デスクワーク諦めて、ネコノヒタイ・クレール花壇を眺めに行く。
さくらんぼ、道内、今年は豊作だそうですが、我が家も。カラスはまだ気がついてないようだ。どうかこのまま実りますように。

さくらんぼDSCN8779

薫り高い薔薇の名前は「フリージャ」が開きはじめました。

フリージャ薔薇DSCN8768

小さな苗から育てたコクテール(赤)とアイスバーグ今年も。

DSCN8758.jpg

名前は知らないが、一番最初に植えた薔薇。
毎年咲いてくれる。

DSCN8757.jpg

もう一つ、嬉しいニュースも。

猫が欲しいという電話があった次の日に里親捜しを頼まれ、即決定!

茶メス20(5)

まだ♂が二匹、里親募集中です。
スポンサーサイト
本日岩崎昌子さんの「愛蔵版・イヌイットの壁掛け」が誠文堂新光社から発売されました。2800円+税。
もちろん早速注文。「暮らしの手帖版」にさらに人形などのコレクションも掲載。

イヌイットの壁掛け 岩崎昌子 愛蔵版05291048_592b7de3b4213

「暮らしの手帖社」から発売されたのは、こちら。もう稀少でアマゾンでは只今 50,000円(!)です。
安西水丸さんも絶賛。何年か前のお勧め1冊の本というテーマで推薦。

イヌイットの壁掛けDSCN8417

札幌出身の岩崎さんと私は猫友だちです(^o^)

その2

大好きな武田百合子さんの遺稿集が発売されました。
お嬢さんの武田花さん編。
百合子さんのファンなのでさっそく取りよせました。
536P。厚さ5cm。重さ650gあります。買い物のついでに紀伊国屋書店から引き取ってきましたが重かった!
毎晩、眠りにつく前の楽しみの本です。

武田百合子「あの頃」DSCN8403

カバーをとるとこのような…。

あの頃中表紙DSCN8405

若い頃から百合子さんの本を残らず読んでいるファンです。「犬が星見た」「富士日記」「ことばの食卓」などなど。
エッセイの師匠と勝手に決めてきました。

その3

私もこの季節に合わせてエッセイ集を自費出版しました。
友人・知人・親類に勝手に送りつけています。
右が薄紙のカヴァーがかかった状態(おしゃれのつもり)。カヴァーを外さないと誰の写真か判りません。

「さくらんぼの実る頃表紙DSCN8407


その4

同じ頃贈られてきた二宮清隆さんの詩集。装丁も詩の内容も気品がある(ご本人ももちろん)。

二宮さn詩集SCN8415

その5
またまた同じ頃、私と同じ出版社から発行した金行康子さんのエッセイ集と句集「母より」。こちらも品の良さと奥ゆかしさ・品格を感じる2冊。同時出版。

お互いに出版のことを知りませんでしたので、びっくり!

金行康子母よりDSCN8427

その6

ブックエンドは、ガラス工房Hunpeの勝野好則さんの作品。
過日札幌の斉藤ギャラリーでの作品展でとても気に入り購入させていただいた。これに当たる光をみていると元気になります。

最近発行の本DSCN8414