上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当ギャラリーでは、今年で8回目になる「林家卯三郎の会」。
毎年この時期に北海道武者修行旅と称して道内各地を巡演します。

定着したファンの方がリピーターとしておいでになりますが、まだ卯三郎さんの噺を聞いたことの無い方、どうぞ一度お聴き下さい。
最近は「人情噺」に進境目覚ましさが感じられます。

2016卯三郎落語会jpg

あとりゑ・クレール

10月10日(月・祝日)午後3時から 前売り2200円  当日2500円  ご予約受付中です。

電話・ファクス  0134-22-1354
メール       a-clair@kbe.biglobe.ne.jp
梅ヶ枝町21-2 梅ヶ枝団地入り口正面

卯三郎後援会→   卯三郎後援会
スポンサーサイト
2016.09.11 明るい話題
一昨日、枯れた紫陽花と瑠璃玉アザミで大きなリースを作ってみた。

リースDSCN0372

リースは飾りであるけれど、魔除けとか願望とかの意味もあると聞いたことがある。
そうでなくても楽しい手仕事(というほどでもないが)である。


そのとたん、いいことがありました!
6月に募集していた小太郎ちゃんの里親が見つかったのです。
猫の事務所通信購読者の松山さんが、三上さんが保護していた6ヶ月ほどの仔猫の里親になって下さいました。

松山さんDSCN0440

先月見たときより少し大きくなって、物ごころもついてきた感じを受けました。
それでもまだまだやんちゃです。白いソックス、鉤しっぽがなんともご愛敬。

kotarouto DSCN0443

松山さんにすぐなつきそう。
三上さんはちょっぴり淋しそうでしたが。やさしい里親さんのなので安心です。

DSCN0514.jpg

そしてもうひとつ。東京から図書館関係のお仕事で札幌へ出張のお二人が来館。お一人は高山美香さんを東京の曳舟図書館へ
紹介して下さったTさん。北運河周辺で清遊しました。曳舟図書館には高山美香さんの文豪人形が5体。いつでもみられますよ。

さらにさらにもうひとつ。翌日(昨日)、伊奈かっぺいのライブに。最初から最後まで笑いっぱなし。
CD1枚と昨年岩波書店から出版された「言葉の贅肉」を購入しました。

憲法9条を津軽弁で書いています。

DSCN0536.jpg

護憲運動もユーモアが大切だろう。
もうそんなことをいっていられないほど差し迫っているけれど。それでも。

伊奈かっぺいさんの九条

昨日は、遠くのお二方と久しぶりにお話できた。

その1 岩崎昌子さん。

何ヶ月も音沙汰がなかったので心配していた。
カナダのトロント在住。猫友だち。愛猫ドラミちゃんが取り持つ縁で仲良しになった。2009年にカナダのご自宅を訪問。
ドラミちゃんに逢いに(?).。ドラミちゃんは毛の長い黒猫。おかかとキュウリが大好きなヘンな猫。第一夜から、私のベッドで寝てくれました。

ドラミ2009

スカンクやリス、タヌキも出没する庭で。

庭でのドラミ

当時の岩崎邸。札幌の中島公園の中に家がある、といった感じ。
今はマンションに引越。

カナダ岩崎邸のコピー

さて昨日の電話は悲しいお知らせ。療養中のドラミちゃんが、薬石効なく、昌子さんの胸で息を引き取った、という。
享年19歳。ご冥福をお祈りします。

岩崎さんは知る人ぞ知るイヌイットアートのコレクター。
イヌイットの町を訪れて、イヌイットの壁かけをアートとして認め、コレクションし、紹介しました。
「イヌイットの壁かけ」は暮らしの手帖社から出版され、大きな反響を呼びました。

日本でも、「岩崎コレクション展」が何度も開催され絶賛を博しました。

名著「イヌイット壁掛け」は絶版ですがAmazonで購入できます。定価3000円ですが2倍位の値段になってます。

イヌイットの壁掛けDSCN0331のコピー

暮らしの手帖社とも縁の深い昌子さん。カナダ便りを毎号載せていた時期もありました。

カナダでもNHKを契約して1部放映されています。「とと姉ちゃん」を岩崎さんは、もちろん毎日見ているそうです。
「暮らしの手」の商品テストに何度も参加したこともあるとか。何キロ歩いたらどのくらい体脂肪が減るか、などというテストだったそうです。

その2 田谷京子さん

もうかなり前(16年くらい?)、札幌のテレビ塔近くの画廊で(北海道画廊?)、猫をテーマにした美術展がありました。
友人が写真を展示すると言うので、見に行きました。

その折、妙に心惹かる作品に出会いました。
サインはありますが、タイトルも名前がありません。判らなかったものの、購入しました。
それと同じサインの画を札幌円山あった猫グッズの店で見つけ、オーナーの方にお名前と連絡先を伺い
手紙を書きました。そのあと田谷さんからお電話をいただき、2時間も猫の話で盛り上がってしまいました。

田谷京子猫

先日、工藤由里子さんのお店「猫の引出し」の「小さな猫展」の案内を戴き、田谷さんの出展を知り、工藤さんに田谷さんのことを話しました。それで昨夜、田谷さんからお電話戴いたわけ。やっぱり、猫の話やらなにやら2時間もおしゃべりしてしまいました。

この絵のこともよく記憶されていました(あったり前ですよね)。
長いスペインでの滞在のあとの記念すべき第一作だそうで、当然ですが、よく覚えているそうです。

猫の引出し「小さな猫展」猫の引出展

この日丁度、猫の事務所通信99号ができました。順次発送いたします。

猫の事務所通信99DSCN0328
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。