上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ本日から北海道公演です。

22日(水) 江別 えぽあホール 18:30~ 自由席あります。 格安のチケットです。

24日(金) 札幌教育文化会館大ホール 18:30~ 自由席と当日券あります。

スロバキアオペラ

いただいたDVD「リゴレット」、スロバキア国立劇場での公演録画DVDを鑑賞しました。

本格的な舞台。大勢の出演者。新しい演出。 ゴージャス!

リゴレット役のマルティン・ポポヴィッチュさんとデュシャン・シーモさんがそのままの配役での本公演。

リゴレットの愛娘ジルダは昨年夜の女王を演じたソプラノのマリアナ・ホヘロヴァーさんです。

イワンさんデュシャンさんDSCN9480 - コピー

日本公演はコンサート形式で、オペラの良いとこ取り(?)。

日本での公演は、ピアノ一台の伴奏によるシンプルなステージ。
ハイライト、ぎゅっと凝縮されています。ナレーターの解説付き、退屈することがありません。

初めての方にも判りやすく見て聴くことができます。質の高さは言うまでもありません。

リゴレットたくさんの出演者DSCN9499

歌手さんは、スロバキアでは公務員だそうです。ですから「出張」なのでしょうか?
とにかく北海道が大好きだそうです。
あの大きな声なので、皆さんなかなかの健啖家。
そして、みなお茶目で朗らかです。
スポンサーサイト
天候不順にも拘わらず、大勢のお客様においでいただきました。
高山美香さんの人形展あと2日残すのみになりました。
雨もよいですが、どうぞ! お待ちしております。

ほとんど手入れをしないうちの花壇にも、季節になるとちゃんと咲いてくれる花々。
大好きな薔薇(フリージャという名前です)はまだ蕾。

フリーじジャSCN9417

カクテイルDSCN9364

薔薇などDSCN9421

ブログで隠れファンだったのですが、「小梅太郎さん」がまさかのご訪問!
お互い猫好きならば、いつかこうして出会えるものと思いました。

http://小梅太郎

今日のケーキセットは、スイートポテトです(寒いので)。滝下農園の卵と蜂蜜で作ったプリンもあります。

スイートポテトDSCN9426

2016.06.15 雨上がり
暑くなったり寒くなったり、不順な天候のこの頃…。
それでも裏の丘ではカッコウとウグイスが啼き、家の周りは、草花が咲き乱れています。
夕方、「仕事」を一段落させて、近くを散歩。いろいろな花を眺めて、幸せな気分になりました。

うちのクレマチスが開花。

DクレマチスSCN9359

4年前に苗を取り寄せた薔薇、「コックテイル」がひとつ開きました。

カクテイルDSCN9364

カキツバタDSCN9365

坂道を下った駐車場のわきにオダマキ。 

オダマキ

オダマキDSCN9389

人が通る道に踏まれもせず咲いている。

ヴィオラDSCN9379


かきどおしDSCN9380

丘を登ると…、向こうに見えるのは近くに住んでいられるM画伯のアトリエ。
最近個展を開催。絶賛された。

アトリエ三宅DSCN9395

日没。

丘の夕映えカット

家では…。
仲良くして欲しいけど、重いよ!

猫二匹

静かな静かな夕暮れ。この平穏に感謝。「平和」!が続きますように。
お宝(?)写真も関連のスペースに展示しています。

今から30年前。今も活躍している「小樽映画サークル」のイベント。
山田洋次監督を招聘した(私は会員ではないが、ちょっとお手伝いしました。妹は会員でした)。二人ともこの中にいます。
寅さんのそばに展示しました。

山田洋次全員


市民の自主上映に合わせて来樽して下さった山田洋次監督。私もいろいろうかがうことができました。

山田洋次2


あれから30年。
映画ばかり見てきました。
机を整理していたら、こんなに半券が!
一日3本のはしごは平気だった若さ。映画館も30軒以上あった小樽のよき時代。

半券

期間中、映画上映会をあとりゑ・クレールでいたします。中型スクリーンで上映たします。
どうぞおいで下さいませ。

予約なしでも可ですが、なるべくご予約をお願いいたします。
映画会
10月のおたるブックアートウイークに引き続き、新作の映画人形が勢揃いしました。
ますます快調、自信作のようです。

あとりゑ・クレールオーナーとしては、あまり「このスターを作って下さい」という注文はだしません。
普段の映画談義の中から、私の好みが聴き取られるようです。

「実地検証」の苦労DSCN9290 - コピー (2)

今回の新作も、ほとんどそうで、箱から出すまでは、何が出てくるか、まさにびっくり箱でした!
上の映画のタイトルはほとんどの方が知っているかと思います。

何かと物議を醸し出す、未だにやんちゃなこの男優は、にも拘わらず大好きなのです。
密かにこの人形を作ってほしいと思ったのですが、何しろハサミの部分がやっかいだろうと思っていました。
その通りで正確な再現に、大変な苦労をされたようです。

この映画も怖ーい! 映画と同じライトの当て方を工夫しています。

ミザリー- コピー

トロントへいった折、ちょうどトロント映画祭が開かれていて上記の映画のキャシー・ベイツが、シャネルのお店に入ってゆくところに出会いました。この年(2003年)、ビート・タケシの「座頭市」がグランプリを獲得。

P9120419.jpg

映画のテーマよりも、実際に食べられそうなご馳走の方が、話題になった「バベットの晩餐会」。
こちらも再現。

バベット・メニュー

バベットご馳走

何度もリバイバルされたけど、オリジナルのモノクロ映画。

青い山脈 新子DSCN9287 - コピー

どうぞお出かけ下さい。

映画の上映会もいたします。映画は、午後6時30分開演です。上映のタイトルが決まりましたらお知らせいたします。

6月19日まで。月・火休館日です。
バベットの晩餐会 再上映
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。