上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小樽詩話会52周年記念号が発行されました。
当たり前ですが「おぎゃあ」と泣いてから入会しても52歳。20代の終わりに入会した私ははや ・・歳。
最高齢の方は80代半ばになります。
52年前の創立会員が、まだ二人いて(すでに80代)、ちゃーんと詩を書いています。

小樽詩話会記念号

<本号には69人が参加し、詩とエッセイを発表。
只今会員78人。購読会員(投稿せず、会報を購読する)35人。総計113人の大世帯。
毎月2回、5日と20日に花園町のおのさとし事務所で会合を開いています。
毎月発行の会報「小樽詩話会」はここで、すべて会員の手で、文字通り手作りです。

創立者の故・米谷祐司さんと萩原貢さん。もう25年以上前の写真ですが。

ともに小樽潮祭りの踊り歌の作詞者。高島出身で子どもの時からの仲良しだったそうです。

潮祭りの萩原米谷
スポンサーサイト
蕎麦祭りでもあり大賑わいの深大寺。

深大寺紅葉DSCN7619

毎年10月に行われる宮澤賢治朗読会。今年も聴かせていただきました。
紅葉と深大寺蕎麦を満喫。

大寺朗読会プログラム

朗読は元NHKの白坂道子さん、チェロは川崎昌子さん(元札響団員)の名コンビです。
飛鳥時代の釈迦如来像がある本堂での朗読は、音響もよくのびのびとして賢治の作品を聴くのにふさわしい。
境内からは参詣者の声や小鳥の声がするが、少しも気にならない。

川崎昌子・白坂道子深大寺にてDSCN7635 - コピー

翌6日は、日比谷公園野外音楽堂で集会があることを知り出かける。

右翼の街宣車が喚き散らすが、無視して静かに集会は続く。「KEEP CALM !」である。

右翼さんはそれこそ自ずとみずからの体質を「効果的に」宣伝している。私たちの思いとは対極の世界である(逆効果!)。

お隣のベンチのご婦人がみかんをくださった。「持って帰るのは重いので・・・・・」とにっこり。やさしい方だ。

20151206日比谷野外音楽堂集会DSCN7651

いつもならインターネットか、まれにテレビでしかお眼にかかれない方々のスピーチ。
このような政治家ばかりなら・・・・・。ほんとにナマで聴けて感激。
このほかに俳優の石田純一さんのスピーチに間に合わなくて残念。
大竹しのぶさんからの(ご本人の肉声が聞こえるような)メッセージもありました。

ゲスト6名126

集会後、日比谷から新橋銀座方面へパレード。憧れの銀座パレードである。
おお! 猫さんたち!「猫の生活が第一党」というのがある。猫って平和のシンボルなんですよね。
知っていたら一緒に歩くんだった・・・・・。

猫プらかDSCN7727のコピー

猫プらかDSCN7730

4500人だから、長い長いパレード。もう終わりかと思えば後ろからまだくる。
先にコースを終えた方は、あとのグループを拍手で迎える。これに励まされる思い。みんなすごくいい顔してるなあ!(^^)!

励ましDSCN7699のコピー

この日のゲストの名言「自民党に天罰を!公明党に仏罰を!」に拍手が起きる。
会場に創価学会の旗も翻っていました。
猫の事務所通信93号ができました。
今年に入ってから、お知らせしたいことが多くて、なんと11回、ほぼ毎月、異例の発行です。
読んで下さる方が、増えていることが何よりもの励みです。

猫の事務所通信93号DSCN7605

記事の目玉は高山美香さんのユニークな「映画劇場」。イラストと卓抜であったかい観察眼。
今回で連載24回目。

猫と映画24回目DSCN7611

このたび、掲載済みの「猫と映画」23回分が1冊にまとまって発行されました。
58Pのオールカラー、ハンディで美麗な本。
本日から販売しております。年内のお買い上げで、特別価格です。

nekotoeiga DSCN7617

DMを添えます。

猫と映画_チラシのコピー

発送作業で忙しいのに、ちっとも手伝ってくれないうちの社員。

20130616122710c6a[1]

「猫と映画」のお申し込みをお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。