第一日目のお客様
遠くからおいででした.

DSCN3671.jpg

熊澤 英俊さんの「けもの箱」人気です.

DSCN3675.jpg

職場復帰した林檎営業部長.

店番DSCN3687

いらっしゃいませ! 高山美香さん.

いらっしゃいませDSCN3684

ちょうどそこが痒いの.

DSCN3691.jpg

珊瑚接待部長も、しっかり営業.
お客様と猫社員に支えられている猫の事務所&あとりゑ・クレール.

DSCN3692.jpg

皆様のお越しを一同お待ちしております!
スポンサーサイト
いよいよ明日からのおたる BOOK ART WEEKの準備がほぼ整いました.

本日展示準備中.
サヘキサラさんの切り絵、宮澤賢治シリーズ.他14点を展示します、

サヘキサラDSCN3663

熊澤 英俊さん.
ウイットいっぱいのオブジェ.遊び心溢れる.
BOOKとART、宮澤賢治を強く意識した作品.
ただいまデスプレイ終了.

熊澤 英俊準備中DSCN3595

「よだかの星」かなあ…

よだかDSCN3662

bookartですから.この仕掛けに思わずにっこり!

仕掛け本熊澤 英俊

その他くしゃみさんの切り絵、 賛助作品、成田胤子さん、のパステル画、
「ガラス絵の宮澤賢治」で知られる児玉房子さんの絵本10冊もご覧になれます.

思わず口元がほころぶ作家さんのギャラリーグッズもたくさん用意いたしました.

2階喫茶室で珈琲・ケーキなどもお楽しみいただけます.

お誘いあわせのうえ、どうぞおいでください.
先日、偶然20年以上も音信が途絶えていた友人に道でばったり会いました.
近くに住んでいるのに、お互い行動範囲が違っていたのです(30代の頃は近くの銭湯で背中を流し合いましたが、もうとっくにその銭湯もありません).

彼女は、若い頃好きで買い集めてた中原淳一の画集などを、もし要るならば下さるというのです.
中原淳一といえば、.十代からずっと愛読していて、関連の「ひまわり出版社」の「ひまわり」とか「それいゆ」を購読していました.
文学のこと映画・音楽のこと(特にシャンソン)を始めとする多くの分野の芸術、ファッション、生活の知恵(料理・洗濯・手芸・アイロンのかけ方まで!)にまでわたっていて、20代で母を失くした私の母親がわりであり、人生の師にもなってくれました.

フランスに憧れ、シャンソンファンになったのもそのせいです.
翌日さっそくたくさんの関連の本が届きました!

中原淳一本DSCN3572

その中に思わず「きゃあ!」と叫んでしまった1冊の本!
松田 瓊子(けいこ)著「紫苑の園」

これは少なくても高校生以上の年代になってから読む本なのですが、戦後漁村の親戚の家を借りて暮らしていた小学生の時、可愛がってくれた高橋京子先生が東京へいった折のおみやげなのでした.
本が手に入りづらい田舎のことで、活字に飢えていた私は、何度繰り返して読んだことでしょう.

この中に描かれている楽しい共同生活の数々のエピソード、クリスチャンのストイックで上品なムード,
エキゾチズム・・・・・、私が初めて垣間見る世界で、.これがまさにその本.

D紫苑の園SCN3574

ただし、初版の本は昭和10年代の、私が生まれる前に発行されています.その本を愛読していたのです.

こちらは、1985年に「淳一文庫・12」として図書刊行会から再販された本.

私が読んでいたのは、もちろん初版、旧仮名遣いのもっと質素で小ぶりな本でした.

再販本の序文は、今をときめく村岡花子さん!
村岡さんは、瓊子さんを世に出すのにかなりの力になられたそうですが、瓊子さんは、25歳の若さで亡くなっていられます.
初版本は死後に出版されたのです、

新仮名遣いで文字も大きくなったこの再販本をもう一度読める喜びに浸っています.

村岡花子序文

著者の松田瓊子さんの父上は、「銭形平次捕物控」でもお馴染みの時代小説作家・野村胡堂氏.
この本に「娘・瓊子を語る」として文を寄せています.


松田瓊子
夏痩せかな? くらいにしか思っていなかった林檎営業部長.

なにしろ、13年前に拾われてから、その時の怪我と、ワクチンと避妊手術の他は、一度も病院にかかったことのない親孝行娘でした.

食欲不振は暑さのせい(外にも遊びにゆくし)、痩せたのは食べないせい、または同じメニューで飽きたのか(病院お奨めのフード・・・・・いつも同じで可哀想とも思っていましたが)、と都合の良い方に考えていた私.
そのうち全然食べなくなって、なんだか体温も下がってきたように感じ、慌てて、6時過ぎの時間帯に間に合う病院を探して駆けつけました.

診断の結果は腎不全と便秘.さっそく応急処置.即入院.
翌日の診断でいろいろな数値をみせもらい、老化が進んでいることが分かりました.
人間ならもう60代、当然です..

それでも毎日の測定で数値はだんだん良くなってゆき、顔つきも元に戻りました.
ケージの中で点滴中.食欲も戻りほっとしています.
夕方見舞いにゆきます.私の顔をみてすごく泣きます.もう少しの辛抱・・・・・.
本日退院予定です.

林檎初めての入院1

2013年に訪れた林檎ファンのお客様.
顔がつぶれてもじっと我慢の林檎部長.

林檎の顔つぶれる?

お世話になった病院の待合室に猫の事務所関連の「チャトやお呼びですか?」がありました(^O^)

動物病院にチャトの本

2001年1月30日(奇しくも母の祥月命日).
余市の国道で拾った林檎.足に怪我をして倒れていたのを車で通りかかった方が見つけ、うちへきました.

当時の写真.小さかったな!
2001年1月30日の林檎

もう少しあと10年は(となると23歳!)営業部長として頑張ってね.
AIRDOで来道した友人が嬉しそうにもってきてくれました.

レポらSCN3536

ご存知高山美香さん「北の仕事人」として紹介されています.
たしかにあの緻密な仕事はそういうにふさわしいかもしれません.

DSCN3529.jpg

猫の事務所発行の「一葉のめがね」と「鷗外のやかん」も紹介していただきました.
ただいま紀伊国屋書店札幌本店・札幌丸善ジュンク堂・小樽文学館・小樽博物館、当所などで発売しています.

レポら鴎外DSCN3534

今年のおたる BOOK ART WEEKのフライヤーデザインも担当.

blog用小樽Book Art Week2014 フライヤー(表面)

笑顔も美しい美香さん.10月~11月 苫小牧図書館ので展示が予定されています.
レポら美香さん顔DSCN3535
30代でリアルタイムで見て、未だに色褪せない映画というのは何十本もありますが、「シェルブールの雨傘」もその一本です.昨日、久しぶりにこの映画をホームシアターで鑑賞.

シアターキノで再映のときも見にゆきましたが、ビデオも持っています.「シェルブールオタク」と呼ばれてもいいくらい.
今も検索するとブログにこの映画のことを書いていられる方は多いようです.

ミシェル・ルグランのあのテーマ曲を知らない人はあまりいないでしょう.

室内の色使いも独特です.セロリを生のままかじる食事のシーン.
このシーンも好き!

食事のシーンDSCN3477

今のカトリーヌ・ドヌーブも美しいが、この頃の美しさは世界一.
とくにこのシーンは、求婚する宝石商のカサール氏が「マリアのようだ」、といい、うっとり見とれています.
確かに未婚のまま懐胎したマリアを暗示しているかのようです.宗教のことは詳しくわからないけれど、この映画には宗教的な暗示もあるのではないかと思います(3人の女性の名前が聖女の名前です).


DSCN3472.jpg


DSCN3474.jpg

幸せな恋人を引き裂く悲劇は、反戦映画と取ることもできるかと思います.

再会DSCN3482

フランス旅行で言葉のレッスン、セリフがすべて歌のこのCDを聴きながら、シナリオも読みました.
日常会話も多いので、「初級フランス語講座」のテキストにもなります.

おかげでフランスからなんとか1人で帰って来られました.ほんとです.

対訳シナリオDSCN3485

余談ですが、飛行機で隣り合わせた日本人男性と会話するうち、「ノルマンディを旅してきた」という話をしましたら、「じゃ、シェルブールにも行ってきましたか?」と聞かれました.そのときシェルブールまでは行けなかったのですが、割合近くまでは行っていました.
商社マンというその男性によりますと、この頃、映画の影響でシェルブールへ傘を買いにゆく日本人がいる、ということでした. 私もシェルブールで傘を買いたかったですヽ(*´∀`)ノ.

でも映画で見る限りは、殺風景な軍港の町という感じでした.
ディノス・シネマで「プロミスト・ランド」を見てきました.
マット・ディモンが共演のジョン・クラシンスキーと共同で脚本を書き、監督も・・・・の予定だったが、スケジュール上、断念し、本職のガス・ヴァン・サントに依頼し完成したそうです.娯楽作品ではあるが、実に今日的な問題に踏み込んだ好ましい作品です.ほかのことを何も考えずに見ていてあっという間の106分が終わりました.
「金目でしょ」なんというお方にみせたいような.

思いがけないラスト!俳優がみな魅力的.アメリカ映画の健全さ、という印象.マット・ディモン、いいぞ!

プロミスト・ランドDSCN3465
プロミスト・ランド

先に書いた「ロッタちゃん初めてのおつかい」の原作者アストリッド・リンドグレーンの原作、スエーデン映画.
今から50年前に書かれた物語.
自然豊かなウミガラス島(架空の島ですが)が舞台.わずか50年で、人間の暮らしはなんと変わってしまったことだろう.
悪い方へ悪い方へと.
子供たちからおおらかな暮らしや豊かな自然を奪ってしまった大人.
代わりにケータイやゲーム機を与えてしまった.

自分を含めて便利さと引き換えに大切なものを悪魔と交換してしまったのだ.
もうもとへは戻れない、と思いつつも、このような本当の意味での豊かな世界への懐かしさが胸に迫ります.
シアター・キノで上映中です.

生意気チョルベンさんDSCN3463
水夫さん

帰ったら北欧びいきの理恵さんからまたまたこんな布巾のプレゼントがありました.
前に頂いたのもまだ綺麗なままなのに..もったいないと言わず思い切って使わせていただきます.

庄司理恵さんの布巾DSCN3460

日に日に大きくなるレモンの木.花が咲くのはいつかな・・・・・?

レモンの木DSCN3453