2014.04.29 北の猫たち展
今日から第三回目になる「北の猫たち展」が始まりました.
猫の事務所は、特別に参加させていただきました(DMに名前ありませんが).
広々とした会場.ただいま搬入中の様子.

DSCN1853.jpg

魅力的な作品がいっぱいです.

DSCN1856.jpg


DSCN1846.jpg


DSCN1852.jpg


DSCN1848.jpg


DSCN1847.jpg

猫の事務所のコーナー

DSCN1866.jpg

ゴールデンウイーク、小樽の猫の事務所へおいでの方は、お電話下さい.

北の猫たち展会場にいる日があります.30日・1日・4日 人間の社員は会場にいる可能性があります.

お誘いあわせのうえ、どうぞ!
スポンサーサイト
1980年代、小樽では「運河を守る会」の運動が活発でした.
この写真は1980年の夏、ポートフェスティバルのときのもの.
撮影されたのは掛川源一郎氏です.氏が小樽の風景写真の展覧会を開催したときの作品の1点.

偶然、後ろ向きの白い帽子が私.写っている人には差し上げます、といわれ遠慮なく
頂戴しました.眼鏡の男性は当時守る会の事務局をなさっていたアイヌ音楽研究家の
増田又喜氏.私たちのコーラスグループ「水曜会」の指導者でもありました.

ブログ用川源一郎写真

完全とは言いえないかもしれないが、今の運河が残っているのは市民運動の成果です.
今、小樽に運河がなかったら、どんな小樽になっていたかと思うとぞっとします.

その後、小樽長橋にある苗圃公園を「開発」して駐車場を増やし、ホテルを建てるという計画が持ち上がり
これも「小樽野鳥の会」や「小樽再生フォーラム」などが反対運動を起こして計画を縮小させるにいたりました.
それが今の苗圃公園です.

そして今度は、なんと小樽にカジノを誘致する計画があり、「小樽にカジノなんていらない」と反対の声が盛り上がっています(私の周りでは不快感を表す人が多いです).
今、「カジノ誘致に反対する小樽市民の会(仮称)」の設立準備がなされています.
呼びかけ人や、賛同人にはかつて運河運動に携わった方も多くいます.

                   因みにこういう方々がカジノ誘致に熱心な役員です.

たくもう林檎コメントDSCN5253
さらに詳しく⇒
若宮健の最新情報





2014.04.13 慎吾ご帰館
三月の中頃に姿を見せなくなった慎吾が三週間ぶりに戻ってきました.
いち早く気配を感じたうちの社員たち.さすが猫同士!

DSCN1633.jpg


さっそくご飯.悪びれることもなくいただく.カラスがくわえたために割れたお茶碗です.

DSCN1695.jpg 


「なんて下品な食べ方なの・・・・」と珊瑚部長.

DSCN1703.jpg


食べ残してまたどこかへいってしまいました.別段お礼を言うわけでもありません.
朝晩ご飯を食べにだけ帰ってきてすぐいなくなります.どこかに綺麗な奥様がいるようです.

DSCN1736.jpg
2014.04.10 映画三昧
両親が映画好きだったので、子供の頃からよく映画を見に連れて行ってもらった.
物心つかない頃からである.それらのシーンを今もかすかながら覚えているのがある.

小学校5年で小樽にきてからも、家族でよく映画を見に行った.
その頃映画は5円くらいで貧しい家庭でも家族連れで
見に行けた.市内に映画館が35軒以上あった.
中学校の図書室では、月刊の「映画の友」があった.中学生なのに、友人がフランス映画ファンで、
その影響大であった.「映画の友」は淀川長治さんが編集長で、ハリウッドの美人女優が表紙を飾った.
毎月どれだけ楽しみだったことか.

映画の<br />友

昨年知り合った男性から、お父さんの集めた本です、といって見せていただいた.おおまさに、私が図書室で隅から隅まで一字も残さずに読んだ時代のもの(すると私と彼のお父さんは同年代か).

この表紙の俳優さん、顔はよく覚えている.でも左上と下中の女優さん(フランス人)、記憶があるが名前思い出せないのです.あとは全部判りますよ.

     映画の話をしましょうか?チラシ

この画像は、ごらんのとおり、当所のイベントのもの.うんざりするほど多量の資料を展示しましたが、
次回はもっとすっきりした形でと思います.
4月1日から6日まで6日間のちまちま人形展、大勢のお客様においでいただき無事終了.
札幌市内はもちろん、遠くからおいでのお客様、ありがとうございました.
ほぼ切れ目なしに、毎日このような様子.

誰も知らない(しかし本当のことを文献から探り当てる)事実を発見する才能も見せる.
それがたまらなく面白い!

DSCN1584.jpg


ファンや久しぶりの知人と談笑できるのも個展会場ならでは.
そして新しい出会いの場でもある.

DSCN1498.jpg


爆笑、また爆笑のトークライブ.コメディエンヌの才能もあるかと思われる高山美香さんです.

DSCN1606.jpg


DSCN1602.jpg


いよいよ本日から6日間、高山美香「猫とちまちま人形展」です.

会場は札幌駅北口から3分ほどのところ.大きな窓があり明るいギャラリー、

看板DSCN1431


従来とは少々異なる切り口で展示しております.ますます面白くなりました.

ピカソDSCN1437



ガラス張りの大窓で、外からもよく見えます.
「ただいま準備中」の情景.夕暮れのウインドウがつくるふしぎ空間.

美香さんは5日以外は午後からほぼ在廊の予定です.
最終日の2時からはトークライブとサイン会があります.


準備中不思議な空間DSCN1448


ほぼ同時期に「チャトやお呼びですか?」を小学館から出版した、はた・さきこさんのパロディ画なども展示しています.
おふたりともあとりゑ・クレールが惚れ込んでいる作家さんです.

青木繁 海の幸
青木繁 海の幸パロディ

多数のおいでをお待ちしています.