FC2ブログ
2018年9月6日未明。初めて体験する大きな揺れでした。

2日前、夕日があまりにも美しかったので撮影し、facebookにアップ。そのコメントが
小樽の自称「モンマルトルの丘」から手宮公園の丘を望む。しみじみ一日の無事に感謝する気持ちになれる時刻。四季を通していつも。

夕焼け20180904

ご近所の方が自然体で咲かせた薔薇も心を慰めてくれている。

野バラDSCN1418

たった2日間だったのに一週間くらいに感じられた昼夜。
雷が鳴るくらいなら目が覚めない私が目を覚ました。向かいの丘も真っ暗。街のほうは、少し明かりがある。
夜空を見ると、子供の頃見たような満天の星に、怖さを忘れて感動した。
今、他の誰かもこの夜空を眺めているに違いない、と思うと怖くなくなりました。

幸い、コップひとつ割れず、物的被害はゼロ。猫社員も無事です。

ちぐらDSCN1475


慎吾201809DSCN1459

珊瑚の点検DSCN1460

無事で良かった!DSCN1466のコピー

大きな被害に遭われた皆さま、お見舞い申し上げます。1日も早く元の生活に戻られますようお祈りいたします。

また、多くの方から、お電話やメールを頂戴しました。
こちらは大丈夫でした。有り難うございます。

珊瑚2018909DSCN1452
(追記)この災害では、人の心の温かさに触れることがいろいろありました。
電気でしかご飯が炊けない私に白いご飯やおかずを下さったご近所の方、顔見知りのレストランの方からも食べ物をいただいたりして不安ながらも心温まることがたくさんありました。
スポンサーサイト
上京した日は大雪。航空機は少しの遅れもなく羽田到着したのに。「北海道から雪を運んで来ましたね」と言われました。
「こどもは歓び庭駆け回る…」。 素肌が出ています。
微笑ましい光景。

雪の日小学校DSCN0602

これも北国では見られぬ光景。築地・万年橋付近。

東京ならではの雪①DSCN0611

知る人ぞ知る。平松洋子さんの食べ物のエッセイ!
本当に楽しく豊かな気持ちになれる。
一冊持参したのですが、他は東京で購入。食べ物エッセイでは東海林さだおさんが有名でファンだけれど、違いは、平松さんは
実際に毎日献立を考え、素材を慈しみ、工夫し楽しみながら作っていること。
しかも奥深い。そして読者のモチベーションを高めてくれること。

平松洋子本DSCN0500
東京のおいしいお店も紹介している。評判の蕎麦屋を探したが、引っ越してビルの二階に入ったという。ビルの名前がわからないと探すのは至難。諦める。

東京に居て、銀座や築地のお店のエッセイを読む。2次元と3次元の世界に漂っている気分。

実は昨年暮れ以来、なぜか料理に身が入らないでいる。
今年は客が少ないこともあり、正月料理には情熱が沸かず。慣れない冷凍食品を買い込んでみたが、普段食べ付けないこともあり、使いきれず大失敗。いささかわびしい正月になった。

最近、書店で手にした平松さんのエッセイを乗り物でも人との待ち合わせの間にも読む。
すると、「料理をする」という系統のモチベーションが高まってくるのが感じられて。帰ったら料理に身をいれよう、と決める。
築地で食材を少しずつ買い込んで帰郷。

土鍋で炊くご飯やお粥の写真も美味しそうだ。
最近新調した電気釜が今ひとつぱっとしないので早速、土鍋を出して炊いてみた。
ほんと! おいしいご飯が炊けた。おにぎりを作ってみた。

土鍋ご飯DSCN0486

おにぎりDSCN0501

冷凍室にあった到来物の海苔(忘れていた)!
なんと賞味期限を遙かに超えていた!
でも全然まずくない! 「賞味期限」って一体何だ?

おにぎり海苔DSCN0504

家族が帰宅したので、今夜は土鍋のご飯、と宣言して、ご飯を炊く。
他の仕事をしているうちに土鍋をかけていることを忘れ、焦がしてしまいました。
さて、今後は電気釜より早くておいしい土鍋で炊くご飯を極めよう!(といっても全然難しくはないのですが)。
平松さんに倣って、食材ひとつひとつに愛情を注ごう!



エデタ・グロベローヴァの名声を東京の音楽ファンの友人からよく聞かされていました。コンサートに行けたことをとても誇らしげにしていたのでいつも羨ましく思っていました。エデタさんは、わたし達が応援しているスロヴァキア国立オペラ出身だと最近知って何か身近に感じられていたところ、札幌スロヴァキア協会の配慮により、スロヴァキアオペラ実行委員会のメンバー全員で行くことになりました。最高の席のチケット入手。

①DSCN0335グロベロヴァ

初めは少しだけ年齢を感じさせましたが、歌うごとに声がでて、どんどん若返ってゆくのが(外見も)感動的。アンコールでは、ほとんどの聴衆がスタンディング・オベーション。こういう風景は日本では(少なくても私には)珍しいことでした。

アンネチケット2017

翌日は、鈴木喜三夫氏のライフワーク「アンネの日記」を鑑賞。

この前の「アンネの日記」は小樽マリンホールででした。その時感じた不満と違和感がすべて払拭されてすばらしい舞台に。
涙流し放し。↓小樽で公演チケット。

②アンネの日記

丁度カナダから故郷の札幌へ帰っていられた「イヌイットの壁掛け」の著者岩崎昌子さんもお誘いして。

NHK児童劇団で演劇の経験もある昌子さんと初対面らしい鈴木氏。

③ 岩崎&鈴木DSCN0330

8日、車を運転出来る友人の誘いで、以前から行きたかった美唄のアルテピアッザへ。

廃校になった小学校を利用しての美術館。ここにもいかにも無造作という感じで安田侃氏の作品が展示されている。
自然にも古い校舎にもみごとにマッチしている。美唄市のふところの深さ。小樽では高台にある学校が廃校になったまま。なんとかならないか、と思うが。

備え付けのDVDで安田侃氏の人となりと大理石の知識を得る。触るととても優しい感触の大理石。

④アルピアッザ美唄パンフ

⑤ギャラリーらせん階段DSCN0347のコピー

⑥アルテギャラリーDSCN0350

⑦安田侃DSCN0349

田舎の学校にいた幼い頃を思い出す。休み時間が楽しかったな。

⑨学校DSCN0359

さりげない道具がみごとなオブジェに。

⑪ストーブDSCN0360

⑩DSCN0356 - コピー

校庭で拾った銀杏の実。こういうものを見るとどうしても拾わずにいられない人間のサガ(?)。

⑫銀杏DSCN0130

喫茶室に入ったとたん、しばらく会わなかった友人二人が!
そのあとベートーヴェンの「田園」で演奏されるような雷と土砂売り。

アルテ・ピッザア

スロバキアオペラ

おまけ。
今日の猫。雨なので寝ています。
慎吾はどこへいったのか居りません。

珊瑚DSCN0143

猫のように気ままに好きなことをして暮らせたら、と思う日々。

とりあえず、今の平和と自由に味わえる芸術を少しだけ味わっている昨日今日。
こんな日々が死ぬまで続くのかと、心配になる昨今…。

ちぐら眠いDSCN0152
あまり人の多いところが苦手な私。夏はいつものんびり、地味に過ごします。
家にいて近間で楽しむのもよいものですよ。

近親者が来たので、子供の頃馴染んだところを訪問。
ひとりではなかなか出かけられないものです。
廃校になった北山中学校。
私の時代は、ここではありませんでしたが。

廃校になった北山中学DSCN9184

ユニークだったので、よく覚えている美術の若松六彌先生制作のモニュメント。
背景の海に馴染んでいます。
少し傷んでいるような。このままでいいのかな?

若松モニュメントDSCN9179

今もユニークな存在の手宮稲荷神社。
大晦日にお参りに行くこともあります。

狛犬DSCN9191

お稲荷さんDSCN9189

またたびの実を見つけました。

またたびDSCN9182

オタモイの昔からある「門」。
この下の海岸へよく泳ぎに行った子供の頃。
家から何キロも歩いて往復しました。

オタモイDSCN9202

大好きな瑠璃玉アザミが咲いていました(色内町)。

瑠璃玉DSCN0035

小樽詩話会の「勉強会」も楽しみのひとつ。

会員外の方もおいでで、コロンビア二階をお借りしての例会と例会後同会場での二次会はまるで宴会!
8月20日の例会は幻の会(?)オタルオダマキ倶楽部の主宰者Sさんのお話。

オダマキ杉本さんDSCN0039

路地などにひっそり地味に咲いているオダマキの熱狂的なファンがいるらしいです。
わたしもいささか感化されて会員になりました。
家の前のオダマキ。

6-1おだまきDSCN8347

いっとう遠くて札幌までしか行かない今年の夏休みですが、不満はありません。

穏やかで健康な日々を大切にしたい気分のこの頃。

その札幌で、昔の職場の「仲間(同志といったほうが良いか)」に15年ぶりぐらいで会いました。
志が高い?せいか、皆その頃のままの顔。元気はつらつ!
この夏、いっとう嬉しかったことでした。
一次会を終えて同じホテルの中庭で。

職場の同志DSCN0013



何年ぶりかの暑さだといいます。皆さまおかわりありませんか。
猫社員たちも元気に過ごしております。

珊瑚ご挨拶ちぐらSCN8988

木陰の慎吾DSCN9006

ちぐら暑中見舞のコピー


芸森の岩合光昭展でちぐらがモデル(?)の団扇を購入。

岩合ちぐらいDSCN9017

ちぐらは青森出身だったのか…。

岩合うちわDSCN9018


ちぐらSCN8988

今朝家の周りの草花などを摘んで飾ったら、遠くからお客様が二人お見えになりました。

庭の雑草でテーブルフラワーDSCN9030

毎年盛夏に飾るビーチガラスや石ころ。貝殻。なかなか行けない海を想う。この器はカラス工房Hunpeの勝野好則さんの作品。
果物を飾ったり。サラダボールにしたり…。宝物です。

盛夏の貝殻DSCN9027