FC2ブログ
小樽には「苧環クラブ」という秘密結社(?)があります。ほぼ野草に近い苧環の花の美しさ、多様さ、そして野生美に魅せられた仲間が密かに撮影し、それをSNSに公開して自慢(?)しあいます。
苧環は気をつけて歩くと思いがけないところに咲いています。小樽はとくに苧環の宝庫のように思われます。
うちの前にも咲いています。

苧環DSCN0179

裏のお宅の花壇にも。

苧環DSCN0163 - コピー

今日は、買い物ついでに、コロナの影響でヒマになりましたので、近くを探訪。

怪しまれないようにエプロンをしたまま、サンダル履きで近くを歩いてみました。
ごく自然な感じは種が飛んできて咲いたのでしょうか。

梅ヶ枝苧環DSCN0043 - コピー

梅ヶ枝苧環DSCN0045 - コピー

梅ヶ枝苧環DSCN0071 - コピー - コピー

梅ヶ枝おだまきDSCN0065 - コピー - コピー

瓦屋根がなくなって、今は換気口に巣作りするのが雀界ではトレンディのようです。

梅ヶ枝雀DSCN0047 - コピー - コピー

梅ヶ枝町界隈には、猫様にもよく出会います。
人が優しい(と私は思います)ので、野良猫ちゃんもちゃーんと生きています。

地域猫DSCN0048/>

梅ヶ枝地域猫DSCN0058 - コピー - コピー

スポンサーサイト



2018.06.15 小樽猫歩きⅡ
(前回に続いて)小樽の少し前の風景。いかにも「昭和」ですね。

梅ヶ枝町の猫ー

梅ヶ枝町。夏休みの朝のラジオ体操会場。

梅ヶ町の2

梅ヶ枝町の猫。我が家の裏に野良猫がたくさん子を産みました。

梅ヶ枝町土管のねこ

富岡町の猫。

富岡町の猫2

運河の猫。
今や運河のあたりには、猫を見かけなくなりました。以前は艀の上でお昼寝しているのも降りましたが。

運河の猫 89 - コピー - コピー

ポートフェスティバルで見かけた猫。
この頃フェスティバルに出店し、詩集、猫グッズなどを販売しました。

ポートフェスティバル - コピー

祝津の猫。この年岩合光昭氏が小樽の猫を取材され、この子を撮影、雑誌「猫びより」に掲載されました。

祝津の猫のコピー

静屋通りの猫。
今のNTTの裏のあたりに焼き鳥屋があり、たくさんの猫がいました。
なんか偉そうです。

駐車お断り

偉そうな猫 1962年 - コピー

第3回は花園町のお店の猫です。
港町は猫が多いのが特徴のようですが、小樽もその例に漏れません。
岩合光昭さんのひそみに習い「猫歩き」。1991年頃から最近までの写真です。

富岡町。木工のお店、以前の「メリーゴーラウンド」前。

富岡舟見坂付近

「メリー・ゴーラウンド」のさぶちゃんだったかな。

メリーゴーランドの猫1 - コピー

メリーゴーランドの猫 89 - コピー

4棟あった花園町の妙見市場。川の上に立てられた市場。現在は1棟で数件のお店が頑張っている。

妙見市場の猫

花園町 レストラン「ヴィネ」の前。現在はレストラン「村」。

レストラン。Vヴィネの猫’62

ヴィネのマスターは、現在余市・Occi Gabiの社長さん。

花園町ヴィネのねこ

稲穂町・静屋通りにあった「ペーパー・ムーン」のりんごちゃん。名物猫でした。

ペーパームーンの林檎ちゃん - コピー

ペーパームーンりんごちゃん - コピー

昨年11月に惜しくも閉店した合田商店。
この元ノラちゃんは、自宅へ連れて同居しています。

町で見掛けた猫 合田商店

アルバイト中のお昼休みだそう。稲穂町。

電気館通りの猫2017

富岡町。

③学校帰り・富岡町

富岡町の猫2

次回は、主として花園町のお店の猫です。
お楽しみに。
6月13日。余市在住のKさんから、家の近くで3匹の捨て猫がいるというSOSがありました。
広い共同住宅の敷地内に捨てられていたということです。Kさんの家には小型の柴犬がいるので飼えません。
同じ敷地内の優しい女性がとりあえず保護している、ということでした。

まったくその前日に仔猫が欲しいという方から電話をいただいていましたので、すぐに紹介。直ちに決定!

貰われた猫メス

これをhotnewsとして猫の事務所通信105号に掲載。残りを募集したところ、送った翌日に読者の方から欲しいと言う電話がありました。最近ペット可マンションに入居したのです。
貰われたのはうちの接待部長ちぐらにそっくりなキジトラ猫。性格まで似ているようです(人なつっこい)。

ちぐらににた猫1

飼い主 芳賀さんのコピー

そして残りのふわふわ猫♂は、このたびずっと面倒を見てくれていた優しい西さんが引き続き飼って下さることになりました。

②灰♂保護した方が貰った猫

猫を捨てることは法律的にも禁じられていることではありますが、こうして互いに助け合う精神で命が助かるのであれば、
これも一つの方法で、奨励はできないけれど、いきなり保健所へ持ち込むよりはよいのかな、とも思います。
生後2ヶ月のちぐらが我が家に来て2ヶ月たちました。
とてもやんちゃで先住猫は恐れをなしています。

お食事DSCN0164

それもそのはず、女の子だと思っていたのに、なんと男の子! だったのです(2ヶ月では判然としませんでした。どちらかというと
希望的観測? だって今までの経験上、女の子のほうが断然お利口で、男の子よりも心が通い合っていたからなんです。

来たばかりの頃。

ちぐら来たばかりDSCN9166

本日のちぐら。なんかもう大人?
といってもあだまだやんちゃなんですが…。
 
眠いちぐらDSCN0180

あまり早く大人にならないで…、という人間の勝手な願い。

物思い?DSCN0141

今年の冬はなぜか例年よりも短かった。屋根にはもう雪がありません。
西日を受ける向かいの丘。

夕日DSCN0166