上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月19日(木)10年以上ご無沙汰している大阪へと向かいました。

大阪市中央公会堂で20日午後6時開演の「スロヴァキア国立オペラ公演」鑑賞兼お手伝いのためです。

osaka-opera02.jpg

スロヴァキアオペラ公演は、北海道・九州では1999年から開催されてきましたが、大阪では初めてです。
在大阪スロヴァキア共和国名誉領事館とシークス(株)さんの主催です。

私たち女性6人が企画・運営し始めたのは昨年で3回目です。4年前までは、故長谷川洋行氏が運営していられました。

この夏、同じ演目「セヴィリアの理髪師」は、札幌市をはじめ、国内数ヶ所での上演が予定されています。札幌のスタッフ一同、運営をスムーズにするため(それよりも何よりも、今年上演予定の演目を少しでも早く見たい!という気持ち)、まずは下見に行こうということになりました。

初演を鑑賞することで具体的な、ステージのイメージを作ることができます。

といっても、毎年、私たちが用意するのは舞台上の僅かな小道具です。ときにドライアイスなども。

たとえば、時代に合わせた椅子・テーブル、ワインボトル・グラス・皿や果物など。ワイングラスひとつでも、アンティークな品を探します。「魔笛」のときは鳥かごを札幌の劇団からお借りしました。(余談ですが、ワインボトルとグラスを置いたのにうっかり栓を抜いておくのを忘れていて、歌手が舞台で)ワインを飲むことができなかった、とうことも)。

今回の小道具。これは全部、スロバキアから持参。

セビリアの理髪師小道具DSCN8718

テーブルの果物はフェイクですが、この演目に限りブドウだけは本物をという注文。実際食べて種を吐くというシーンがあります。
そのため、急遽デパ地下へ買いに走る。

ステージ用果物DSCN8710

メンバーひとり、橋本ダナさんは通訳・ナレーター・コーディネーターという大役のため、いつもご一行と一緒です。

さて、大阪へゆく4人のメンバーは(ひとりSさんは仕事の都合で不参加)、それぞれ航空機を選んで発ちました。私と小林さんは割合乗り慣れている神戸空港行きチケットを買い、千歳空港へ。ところが、着陸に失敗した飛行機がこれから神戸へ向かうはずの便だったため、空港で夕方まで待ちました。1時台が7時台の出発!ホテル到着深夜11時!

当日、大阪の実行委員会皆さまが用意して下さったすてきなレストランでのレセプションに参加できず残念・無念。

疲れ果ててぐっすり眠りました。
翌日はメンバーで梅田にある地下街で名物お好み焼きを食べ、公演のある公会堂へ。歴史的建造物なので立派なことはいうまでもありませんが、階段がいくつもあり、ステージ周りは慣れないと迷路のようです。

私たちの主なお手伝いは(慣れている?)、出演者の楽屋食の買物、準備、片付けなど。

飲料水は℃度以上とかパンは柔らかいのは食べない、とかの好みなど細かな点を把握しています。
それがひとまず整い、会場へ入れていただきました。おお!行ったことはないがウイーンの音楽堂のような重厚さ。
1000人以上の入場者です。両袖のやや見づらい席は2000円で解放と伺いました。いいな。この方式。

公会堂ステージDSCN8739

開演前まで、築後スロバキア交流会の大北さん、関西テェコ・スロバキア協会の関川さんらとお茶。初対面です。

我々一行は、2階席の正面、おお、まるでロイヤル・ボックス!へ案内される!

公演は「セヴィリヤの理髪師」。ちょっとオペレッタのよう。喜劇性高め。演出もいっそう楽しく工夫されていました。

スロバキア出身の橋本ダナさんが解説文を読み上げ、なじみないストーリーが理解できる工夫。

2部はオペレッタ・オペラ・ミュージカルから。かなり耳に親しい曲もある。

当然ながら、皆の歌唱力はいうまでもありません。

そしてアンコールへ。スロバキアといえばあの曲!と私たち世代は学校で音楽の時間に習いました。
そう「おお、牧場はみどり」。

アンコールDSCN8745

いつ頃からか、歌手さんもピアニストも全員が出口でお客様をお送りしてます。その時の交歓の様子が見ものです。英語が通じます。少しなら日本語も。大勢のファンが駆け寄り話しかけます。

公演に尽力された皆さまと出演者・北海道SASオペラメンバーも。こんなに沢山のお手伝いの社員さん、羨ましい。凄い、シークス(株)さん!

企業の皆さま&SASOpera一同DSCN8786


翌日、私は一人残り、予約購入しておいた「中村芝翫襲名披露公演」へ。
大阪松竹座です。

松竹座8797

楽屋近くのお店でお弁当の予約を受け付けていました。ちょっと高いけど、ひとりなので予約。幕間に取りに出てよいのです(半券必要)。昼夜通しで観て満足。仁左衛門よかった!
新しい芝翫の弁慶も、ももちろん。暖かい感じです。
仁左衛門の忠兵衛、孝太郎の傾城梅川、泣かせました。

新口村DSCN8928

夜も昼も両側の席の方が話しかけて来ました。東京ではあまりないけど、ここではよくあることだそう。大阪の方は人なつっこいのですね。道を尋ねてもとても親切でした。

タクシーの運転手さんもお話が面白かった!至る所で他ではない暖かみを感じました。

(たぶん…と思うけど)話しかけて来た方がマスクをしていましたが、風邪を貰ってしまいました。
軽くて済みそうだけど。

翌日は30年前、スペインで知り合った八尾市と芦屋市の友人と神戸で待ち合わせ。昼食・夕食を共に。
スペイン旅行の思い出話に花を咲かせました。
ランチは教会を改築したすてきなレストランで美味しいサンドイッチ。アンティークな喫茶店で休み、夜は地下街で日本食。

その間に横尾忠則美術館で面白い展示を見て、ホールにあった卓球台で卓球をしてみました(これも何年振りか!)。

横尾展DSCN8805

帰りの日。早目に神戸空港へ。
「途中引き返すかもしれません」というアナウンスに不安になりながら到着が遅れはしたものの無事に帰着。

札幌圏スロバキアオペラの今年の公演は7月1日(土) 札幌市教育文化会館で開催します。そのほか国内各所を予定しています。ぜひぜひおいで下さい!

札幌圏スロバキアオペラ実行委員会
スポンサーサイト
今年初めての旅です。目的地は桜にはまだ早い函館と弘前。たまたま北海道新幹線が開通して1週間目です。

函館北斗駅_新青森までだけが新幹線。

函館に2泊。親戚ではないけど親戚付き合いをしている函館の中村「伯父」とデート。亡父の若い頃、大阪で洋服仕立て職人として弟子入りしていた。師匠が中村氏の父上です。
ホテルのそばの居酒屋で夕食とお酒。父の若い日の意外な事実を知る。

翌日は函館の閨秀詩人お二人の案内で函館見物。
もう一つの目的は、昨年、私のギャラリーで作品展を開かせていただいた版画家で縄文土器研究家の佐藤国男さんの訪問すること。
3人で訪問。アトリエ兼ご自宅までかなり迷いながら到着。
親切な方が誘導して下さいました。

佐藤国男ホームページ。
佐藤国男

佐藤国男さんは、版画家だけではなく、縄文土器研究家としても知られています。昨年長年の研究の成果を1冊の絵本に。

さっそく長年研究の自説を熱く語る佐藤氏。

1 佐藤国男さん

音楽にも詳しく、とくにギリシャ音楽がお好きです。ギリシャの歌に合わせてギター演奏の大サービスをしていただきました。

2佐藤国男さんのギター演奏DSCN8783

今回は朝ご飯が素晴らしいことで有名なホテルに2泊。ここは朝ご飯だけでなくすべてがよい。
シングルルームもある。珈琲ミルと珈琲豆のセットも用意されている。細やかだ。
カップは 私のところで使っているのと同じだ(これ、高価です)。

3 らビスタ函館シングルルームDSCN8807

五稜郭の夜を楽しんだ翌朝は、お昼過ぎの北海道新幹線で新青森へ。
見送り(見物)の方々。

5新北斗駅見送りjpg

それに比べて・・・・・?

sinnhokuto DSCN8816

全席指定とあるけど、指定券を買わなくてもよいことを帰路で知る。
空席があれば指定席に座ってよい(720円オトク)。

函館駅で。

4 函館駅ROBESON2DSCN8858

ついでに・・・・函館駅ではKitacaとSuikaは使えません。

午後弘前に到着。
親戚の家へ。
人間二人のほかに出迎えてくれたいきもの(?)。

おお、また縄文! もちろんレプリカ。

9埴輪レプリカDSCN8830

沖縄の古道具屋で購入したそう。かなり古いものです。

8シーサーDSCN8818

毎年来る雉子の雄。今年は全然鳴かないのだそうです。

7庭雉子DSCN8824

オーディオ・マニアの親族が、プレーヤーがないので、私にはもう聴けなくなったアナログレコードを、屋根裏部屋から持ち出し、せっせとクリーナーで磨いたところ、素晴らしい録音だという お宝レコード

覚えている。職場のコーラスグループであのころロシア民謡をよく取り上げた。
それにしても1800円! とは(給料も1万円台だった)。
カードのない時代、ボーナス払いで信用貸し。花園町にあったディスク商会のお世話になっていた。

11 ロシア民謡レコードDSCN8851

この中でそれこそ「鳥肌がたった」のは、アラ・ソレンコワという歌手のコロラチューラ・ソプラノ「うぐいす」。
人間にこんな声がでるものか、と思うほど。
貴重なレコードになった。録音もCDとは比べものにならないほど高度だという。

12スコプッオフ

12-1 百万人のロシア民謡

音楽については無節操な私には、まだまだシャンソンやクラシックのレコードを捨てないで持っている。
いずれ陽の目をみることもあろうか。廃盤になったお宝があったりして。

あれこれ聴いてすっかり深夜になった。
今回は秋田漣さんのお店シャンソンバー「漣」に行く時間がないのが心残り(明日は日曜日でお休み)。

翌日は雨の中、弘前見物に出かける。普段ゆっくり書店で本をえらぶ時間もとれないので、土手町にあるデパートのジュンク堂へ
いって見る。隣接している喫茶室で買った本をゆっくり読む。2冊とも映画の本。面白い。
雨の中を散策して、2011年に白坂道子朗読会を開いた百石会館で書道の展示を見る。中の喫茶店が貸しきりなので
向かいのお店へ。お菓子やさんが経営している喫茶店で食事もできる。

注文をしにいって、振り返ると、なんと秋田漣さんが!  おお!向こうもびっくり!
今回は心残りあったので、せめてお会いできてよかった!

その上、4月12日に札幌でコンサートがあるという。お連れさんがいらしたが、ご一緒させていただいた。

akitaren.blog135.fc2.com/
13秋田漣

秋田漣さんのコンサートは下記で。

4月12日(火)☆シャンソンSPCIAL LIVE☆ 秋田 漣(津軽のシャンソン歌手from 弘前)・渡辺真実pf ①20:00 ②21:30
 
piano&live bar cats&dogs   札幌市中央区南4条西5 F45ビル7F  Tel:011-231-3611

漣さんは、正式に声楽を習ったこともないし、フランスへいったこともないという。
感性のよさと天性の才能の持ち主。お店には,お店を訪れたたくさんの作家さんの色紙が飾ってある。
小樽でもコンサートを開きたいというのが、目下の夢です。


余談ですが、あまりブログを更新しないので心配して下さる方が。
実はパソコンが2度壊れて(?)修理に出したり、用事が重なったり、パスワードが分からなくなったりで、それに怠け癖がついて一ヶ月以上の休刊になりました。

今後ともご愛読下さいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。