FC2ブログ
J・ドミー監督のフランス映画「シェルブールの雨傘」が封切りされたのは、今から38年前。今でも色褪せない映画。我が生涯のベストテンに入る映画。この映画を見ていない人でもタイトルやメロディは知っているだろう。

M・ルグラン死去

ルグランは、私が大好きなドミー監督の音楽を一手に引き受けていた。

DSCN8430.jpg

ロバと王女・モン・パリDSCN8439

この4枚組のDVDはブルーレイかと思う程映像が綺麗である。ドミー監督の映画はどれも色彩が美しい。
これに特典映像のおまけのDVDが付いています。

このDVDが素晴らしい。ドミー監督の創作の秘密、交友関係。もちろんルグラン氏も何度も出てくる。
その後の映画出演者の顔とコメント。もちろん皆相応に年を重ねていているが貴重な映像だ。

ルグラン氏。

ルグランDSCN8468

ドミー夫人は、同じく監督のアニエス・ヴェルダ。寡作だがどれも問題作。

ドミーと猫DSCN8462
ひゃあ!やっぱり夫婦とも猫がすきだったんだ。この特典DVDを見ていなかったので、今さらながら知りました!

A・ベルダと猫DSCN8474

うちのちぐらがスクリーンを横切る。
これこれ、邪魔しないで!

ちぐらスクリーン横切るDSCN8445

「思い出のマルセイユ」もドミーの監督作品だったのですね。もちろん見ています!
イヴ・モンタンもコメントしています。

モンタンDSCN8469

モンタンDSCN8453

ちょっと席を立ったら、うちの猫に指定席を奪われていました。

指定席ちぐら珊瑚DSCN8560

このDVDで、ドミー監督がフランス・ナント市出身だと知る。
ナントでは、日本人の友人夫婦がギャラリーを経営しています。ドミー監督のお墓もあるのだろう。
元気なうちに訪れたいものである。

スポンサーサイト
三浦綾子原作の「母」は、映画・演劇・ひとり芝居・朗読など、多く取り上げられていますが、この度寺島忍さんの主演で映画化され、小樽では、多喜二忌に合わせて封切られました。
寺島忍さんはさすが尾上菊五郎と藤純子両氏の娘。いつもながら素晴らしい演技。
ひたすら子供を信じる母。無学だけど、人間は一流。20代から80代まで、ことさらメーキャップにこだわらずに演技している。

①母 寺島しのぶ

毎年の多喜二忌に行われる奥沢墓地のお墓参りには、今年初めて参加してみた。
札幌の友人に誘われたせいもあるが、一度は行ってみたいと思っていた。
随分たくさんの人がお参りしている。遠くからもかけ付け、毎年このくらいの方がお見えだそうだ。若い人もいる。

シオン教会の北村牧師もお見えになった。多喜二のお母さんはシオン教会で洗礼を受け、葬儀もここで行った。
北村氏が、「今、多喜二役の塩谷瞬さんが見えますよ」といわれると、まもなく到着された。

多喜二縁の方、遠くからおいでの方、ひととおりスピーチが終わり、司会者が「サプライズ」といって塩谷氏を紹介した。

④DSCN9727

②塩谷瞬DSCN9726

多喜二の著書を読みあさってこの役に挑んだといわれ、途中涙ぐんでしまわれた。

③涙ぐむDSCN9720

氏が、私の近くにおられたので、少し話しかけて見た。弟さんの三吾さんのこと、バイオリン協奏曲のことなど。
誠実な人となりが感じられた。
あとで、もう少し遠慮しないで、いろいろ話せばよかったと思った。このときはまだ映画を見ていなかったので、話しにくかったこともあったが。

先日 札幌のデノス・シネマへいったら、チケット売り場から階段下の廊下まで、行列ができていた。何の映画かと思ったら「母」だという。小樽で混むのは当然と思うが。独立プロの低予算の映画なの、と驚くと同時に嬉しかった。

そこで、私は予定変更し、スエーデン映画「幸せなひとりぼっち」をみることにした。
これはまた「当たり!」であった。福祉国家スエーデンらしい映画。これもぜひ多くの人に見て欲しい。
笑いあり涙あり…。そして猫あり。

⑥幸せなひとりぼっちパンフDSCN9840

猫も大きな役で出演するのは嬉しかった。しかも名演技!

⑦しあわせなひとりぼっちの猫DSCN9842

猫といえば、我が家の居候になって一月たった「ちぐら」。
小さいのに怖いモノ知らず、女番長で、彼女の5倍以上ありそうな慎吾をおびえさせている。
とにかくスゴイ子をひきうけちゃったモノだ。
それでも時には仲良くまとまったりしている。

⑪3匹まとまってますDSCN9787

ねえ、遊んでよ!
⑧ねえ遊んでちぐらDSCN9601

断られてひとり遊び。

⑨チグラとオルゴールオルゴールDSCN9484

「ザ・トゥルー・コスト」~ファストファッション真の代償 。

11月17日(火)なまらやで上記の上映会がありました。 主催はみみずく舎のミリケン恵子さん。

DSCN7543.jpg<

恵子さんは、毎月自費購入DVDによる上映権を買い取って小樽なまらや・余市などで上映会を開いています。

なまらやさんのおいしいランチ付で2000円。午前10時からの上映会なのに、12名の参加者。
いつもは2桁の参加になるのは初めてとのこと。私が参加するのは、これで2度目。

映画会DSCN7541

「ザ・トゥルー・コスト」~ファストファッション真の代償  

12月14日から渋谷アップリンクなどで上映されています。
ファッション界の経済構造、ここにも貧困問題、自然環境問題が。そして我々は誰も、好むと好まらざるに拘わらず被害者であると同時に加害者でもある、という事実。今まで知らなかったことのさまざま。食の安全ばかりに目を奪われていましたが。

去る11月11日(水)。九条の会小樽ネット主催の「ノーマ・フィールドさんと語る会」も盛況裏に終わりました。

夕刻からの開会のせいか、珍しく女性が少なく、男性の参加者が大半を占めました。
ノーマさんのご意向に沿って、参加者それぞれの意見と活動の様子などを話すという会になりましたが、大いに意義があったと思われました。

大半の皆様が参加した懇親会。やはりなまらやさんでした。

ノーマさんなまらやDSCN7535のコピー

20名の皆様が参加。入りきらず、こちらは小上がりです。

語る会DSCN7519

いつもおいしい創作料理を用意してくださる店主さん。ありがとうございます。

DSCN7533.jpg