FC2ブログ
おたるブックアートウイークに今年も参加しました。

フランスナントにある友人のギャラリー「NORD‘EST」の協力により東欧の作家の作品を展示しております。
大御所ポーランドの画家ヨゼフ・ヴィルコンやスタシスの小品、リトアニアなどの新進作家の小さな版画、スロバキアで活躍中の札幌出身の画家洞野志保さんなど30点、関連書籍もを展示中です。

会場風景 3

水彩画DSCN9984

小さな版画 1

作品DSCN9990

Dream.jpg

今年初めてのイベントは林家卯三郎さんの落語会。ブックアートウイークが1日おいて翌日に迫っていますので、展示を済ませてからの落語会。いつものように卯三郎さんの垂れ幕をかけずにそのまま展示しての高座でしたが、ぜんぜん邪魔にならずに、奇妙にマッチしておりました。2回に分けての高座で、懸念されたこともなく、無事終えることができました。
おいでの皆様ありがとうございました。
ご本人の大層喜んでおいでで、皆様によろしく、とのこと。またお正月には札幌での高座が予定されています。
お楽しみに。

121468352_1861442267327127_8105366252465822513_o.jpg

121081638_1861442313993789_4973904633242716842_o.jpg

あとりゑ・クレールの展示は10月25日まで。12時から17時。2階喫茶室でお休みになれます。
大きな窓からことのほか美しい夕日や最近よく見られる大きな虹を眺められるかもしれません。
スポンサーサイト



あとりゑ・クレール久々のイベントです。
春に企画しながら、コロナ騒動のため、来道できず涙を飲んだ卯三郎さん。
今年は2回に分けて人数も制限。またお席があります。

夏にはレッドベリースタジオで、初めての「ガーデンライブ」。
卯三郎さんも初体験。薔薇の香り、野鳥の声。
緑陰寄席ともいえそうでなかなかオツな2席でした。

こちらあとりゑ・クレールもほんとに田舎。コンビニやスーパーマーケットや喫茶店でも平気なので、それに比べれば、
ここは田んぼの中といっていいくらい。安全地帯と思われます。

卯三郎2020 あとりゑ・クレール

先の日曜日は、古今亭文菊さんの口演「ちりとてちん」と「火焔太鼓」の2席。ひさしぶりの大笑いですっかり元気がでて、億劫だった仕事を、そのあとどんどん片付けておりました。ホントです。笑いは何よりのクスリ。モチベーション高まること間違いなし。

もちろん密を避けて2回の公演。卯三郎さんも張り切って皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。
お申込は

電話・ファクス 0134-22-1354
メール a-clair@kbe.biglobe.ne.jp

おまちしております。途中お気をつけておいで下さい。

アクセス 小樽駅前 バス停留所 ③番線 で赤岩経由祝津水族館行き  かもめが丘団地行き 梅広会館前で下車
直進しミナミ石油看板右手にすると反対側 丘正面にあります。緑色の屋根の家。

タクシー 梅ヶ枝団地入り口下車。 駅からおよそ5分。


さかもと国際児童画展が無事終了しました。

北海道新聞小樽版に大きく記事にしていただきました。オープニングのチャリティ・パーティ場面。ごく内輪になりましたが。

さかもと国際児童画展 北海道新聞記事

会場写真(撮影・小梅太郎さん)

otaru_20191128-133539r.jpg

お客様にこのイベントの趣旨などを説明する美鈴さん。

児童画展 美鈴DSCN0488

ワインをたくさん提供していただき盛り上がりました。

DSCN0561.jpg

このイベントを企画した一人・美鈴さんは、大の猫好き。

うちの3人(匹)の社員もすぐ懐いて甘える。めったに人に甘えない慎吾外渉部長。

慎吾・美鈴さんDSCN0492

爪を切ってもらうちぐら接待部長。
あ、ごめん、ごめん。ちょっと痛かったようです。

爪切りちぐら痛ーいDSCN0550

おわびにチュルチュルを貰う。

チュルチュルをもらう

貫禄がついた珊瑚営業部長。あまり人前に出なくなりました。13歳です。

珊瑚DSCN0587

点検中。ちぐら接待部長は珊瑚の分も働きます。まだ3歳です。

ちぐら点検

ワイン・珈琲・レモンなどの売上げの他にご来場の方からのカンパがありました。

売上とカンパを集計し、あとりゑ・クレールとしては僅かではありますが、¥10,970を厚真町役場に送ります。

熊本県の国際児童画展実行委員事務局に託しました。

多くの皆さまのご協力ありがとございました。

今年も林家卯三郎さんの恒例落語会の季節がやってまいりました。
例年ですと、当日まで演目はお知らせしないのですが…。

2演目 どちらもクレールでは、初めての演目です。他にもう一題のお楽しみもあるはず。

2019林家卯三郎公演

9月12日に札幌の喫茶店「ひいらぎ」さんでも満席の人気。なんとも温かい雰囲気の会場!

演目は「転失気」「親子酒」「仔猫」。
大いに笑わせていただきました。

終わってほっとされる林家卯三郎さん。

林家卯三郎DSCN0044

お申し込みをおまちしております。
   メール a-clair@kbe.biglobe.ne.jp   電話ファクス 0134-22-1354
                 
おまけ。
ちぐら接待部長のお友達。
傷つけたりしないで咥えて連れてきます。

ちぐら&かなちょろ 2

一緒にお昼寝?

かなへびとちぐら2 - コピー

秋の虫も葉ッぱについてきたのかな?

秋のお客様

あとりゑ・クレールは、おかげ様今年で20周年を迎えました。

道新三日会で毎月15日に発行し、道新に折り込みになるねっとわーく小樽には梅ヶ枝町と祝津が紹介されています。
梅ヶ枝町ではあとりゑ・クレールのことを主として取り上げていただきました。

ネットワーク小樽201908SCN9971

9月のイベントのお知らせをいたします。
この次点で決定している所を掲載しておりますが、札幌でも上演の予定があります。
なかなかの内容です。原画の小林哲也氏もおいでになります。
お近くの会場へお運びください。

宮澤賢治幻灯会表

宮澤賢治幻灯会裏


猫の事務所通信121号ができました。明日発送いたします。フランス旅行での映画にまつわる楽しい記事がいっぱい!
購読者も募集中です。

猫の事務所通信121号DSCN9982