FC2ブログ
10月12日から市内9ヶ所で開催されていたOtaru BooK Art Week 2018は、すべて終了しました。
昨年の森ヒロコイクスリブリス展にも劣らない多くのお客様においでいただきありがとうございました。

このあと、クレール一座のスターたち39名は揃って浦河町立図書館のイベントのため、「地方公演」に出かけました。
お近くの方はぜひこの機会ご高覧くださいませ。

高山美香さんの「東京物語」もご覧になれますよ。

㉒東京物語DSCN1699

浦河といえば、100年続いている奇蹟の映画館、大黒座にホットニュースがありました。
なんと粋な計らいをする方がいるのだろうだろう、薄汚れた世情にうんざりしている昨今、これこそ一服の清涼剤でした。

この期間に、大黒座では、世界的な映画史上でも、ベストテンに入る名作といわれる「東京物語」も上映されるそうです。

a href="http://nekonojimusyo.blog.fc2.com/img/201810310040000e1.jpg/" target="_blank">大黒座 寄付

浦河図書館浦河町立図書館

⑭「刑事ジョン・ブック」ハリソン・フォードDSCN1676

周辺にお住まいの皆様、この機会にぜひご覧下さい。
スポンサーサイト
当館では10月13日からOtaru BooK Art Week 2018に参加。

今年の参加作家は高山美香・はたさきこ・柿本慧子さんです。
柿本さんはシュールなオブジェと手作り創作本。
はた・さきこさんは、以前絶賛完売した「猫の文学漫歩」3集を新装し展示販売。有名画家のパロディ画など。

高山美香さんのご存じちまちま人形は、進化著しく繊細にして豪胆な感じすらあります。
1年ぶりの創作人形の7体。すべてあとりゑ・クレールのリクエストにより、実在の噺家、映画スター、歌手などの芸能人…、
それも、こちらのご贔屓ばかり、という難題をしかけました。

DSCN1614.jpg

J・セバーグ他


高山美香さんは、まさに、数々の苦難を乗り越えての制作でした。
個々に載せるのが惜しい、実際にあなたの目で確かめてほしい、と思いますが…。
ちょっとだけお見せしますね。

展示を終えて。

作家さんたち

10月15日16時まで、中央市場のがんがんギャラリーではOtaru BooK Art Week のアンテナショップ
を開催中。古本も一律格安の値段で販売中です。覗いて見て下さい。

文庫本50円 普通の本100円。小樽文学舎などの寄贈。
よく売れているようです。

古本や市場DSCN1146
ガンガンギャラリーDSCN1116

新参者のチビ猫ちぐらが、いたずらしないかと警戒していたのですが、まったく興味を示さず、一安心。
一週間前にカナヘビ(ここではカナチョロと呼んでいるちいさいトカゲ)を咥えてきて大騒ぎ。どこかへ逃げ込んでしまっていたのが
展示作業中、物陰から出てきた。展示お手伝いの山下嬢が、おもちゃだと思って触ったら動いたので、それこそ「絹を裂くような悲鳴」に一同びっくり。

何を食べて生きていたのやら。高山美香さんがつまんで逃がした(昨日また捕ってきました。しっぽを切られていました(同じトカゲか?お友達なのか?)

猫たちが静かにしているように、ふと思いついて、モンゴルの馬頭琴のCDを聞かせて置いたら、一日中どこへも行かず、3匹とも
仲良くベッドでお休みしていました。

馬頭琴DSCN1598
林家卯三郎さんの口演。今年で13回目。

その魅力(実力)とお人柄の良さで固定のファンが多く、ほとんどがリピーターですが、毎年新しいファンが。

あまりPRしなくてもほぼ満席状態になりました。まだ数席の余裕はございます。
ご予約お待ちしております。札幌・新十津川でも公演いたします。お近くの会場へお運び下さい。

卯三郎20181018

今年もOtaru BooK Art Week に参加いたします。

高山美香さんの新作人形も!
さて、どんなスターがおいでになるかは、私もまだ知りません。
どうぞお楽しみに。

スター人形。随分古い映画、ということになりましたが、忘れられない傑作映画。

あなただけ今晩は・高山美香2016

他にはた・さきこさんの「猫の文学漫歩」関連の展示。販売。

柿本慧子さんのハンドメイドの本など。

あとりゑ・クレール2018 おたるBbook Art Week

どうぞお運び下さい! 
今年も文学フリマに参加いたします。
昨年初めて参加して、予想外の出店の多さと人出にびっくり。幼い頃から本の虫だった私は心強く感じたのでした。
昨年の写真です。

DSCN9925.jpg

今年の目玉は、わたしの詩の仲間、北崎寛さん原作の童話「ゾウさんのきもち」と「水車小屋で」に昨年のOtaru BooK Art Week にも「猫のいない国」の装画を担って好評だった石上佐紀子さんが再び、装画・製本をして下さいました。

石上佐紀子本DSCN1267


bunfree.net/event/sapporo03/
文学フリマ

昨年亡くなられた森ヒロコさんの作品集も展示いたします。

森ヒロコ作品集

その他にも当猫の事務所から出版された本を展示販売いたします。

どうぞ冷やかしにおいで下さいませ。札幌テレビ塔4Fで、お目にかかりましょう!
猫祭り無事終了しました。
市内のアマチュアカメラマン2名による入賞作品は3点です。

名前を隠しても絶対入選してしまう佐藤真弓さん(小樽)のわかめちゃん。

③審査員賞③わかめIMG_0125

小樽市・池端京子さん

①審査員賞3-1 池端京子さんDSCN0790

札幌市・芳賀さんの愛猫(昨年の今頃、猫の事務所を介して引き取っていただいた猫)

②審査員賞3-2 芳賀博美さんDSCN0791

下記は人気投票の4点。2位の3点が同点でした!(2点入賞→4点入賞におまけしました)。

①位 小樽市中津典子さん

⑤投票1位中津典子

②位 札幌市 小松みどりさん  ②位は3人が同点!

⑧投票2位小松みどりDSCN0785

②位 小樽市 岩戸 真紀さん

⑦投票2位岩戸真紀DSCN0786

②位 佐藤真弓さん

(名前を出さなくても必ず入選してしまう真弓さんの愛猫わかめちゃん、モデルもいいのですね!)

⑥投票2位わかめちゃん2位IMG_0159

全部で45点の応募がありました。上記の方においしい道産米2キロをお送りします。

来年度はもっとたくさんの応募がありますように。

開票立会猫をお願いしていたのに、約束を守ってくれず、ご近所の猫友達のお父さんに立会人をお願いして公正に開票作業を終了しました。

国会討論会を見るからなんていっていたのに寝てましたよ。

珊瑚イヤですのコピー
いやですちぐら

近く道産米2キロを入賞者にお送り致します。

来年もふるってご応募下さい。
おいでの皆さま、有り難うございました。 猫の事務所一同