FC2ブログ
50作目「男はつらいよ お帰り寅さん」が上映されて再びブームになっています。もちろん50作目も見てきました!なかなかよく出来ています。満男君が主人公になっていて昔の恋人イズミちゃんとの再会が中心のお話。

昨年暮れ、上京した折、念願の柴又の寅さんに会いに行って来ました。
柴又駅は、悪い意味での進化も発展もしていなくて、親しみ安い小さな駅。映画ではいつも涙ながらにさくらがお兄ちゃんを見送る場面でおなじみ。
観光客が次々記念撮影。

柴又駅前寅さん

さくらDSCN0577

映画で見慣れた風景もそのまま。右のお店で、お昼に「どぜう鍋」をいただいてみました。何十年ぶりの「どぜう」です。

柴又帝釈天1

柴又とらや2019121

「寅さん念館 山田洋次ミュージアム」は柴又帝釈天題経寺の右手裏、山本邸を(見学可)通ってゆけます。

渥美清 常夜灯DSCN0579

資料館の寅さんの鞄中身。映画ではあまり見たことはありません。

⑲「男はつらいよ」寅さんの鞄DSCN1641

こちらはご存じ高山美香さん作のミニ寅さん。あとりゑ・クレール蔵。なるほど綿密な調査の結果の鞄中身。

⑱DSCN1639

余談ですが…。我が家に「寅さん」を持ち込んだのは、亡父です。正月松の内に必ず寅さんを見にでかけ、いかに面白かったかを
家族に話すのでした。外国映画ばかりみていて、日本映画は「ご飯を食べているシーンばかり(確かに寅さんにも多い)、と軽蔑していた私(若かった!)、そのうち見るようになり、すっかりはまってしまいました。マンネリといわれてもおかしくない内容なのに、主演のマドンナ女優さんの個性・魅力が相まってどれも面白く、ついに、全作見てしまいました。

柴又はずっと憧れていた町。東京都地図をみると鉄道線路が複雑に見えて、行きにくそうだな、と億劫になっていましたが、アクセスは意外と簡単でした!

TORAカフェも安くて美味しい。落ち着ける空間。

寅さん記念館DSCN9701

東京新聞夕刊1面を飾った記事。今年最後の夕刊第1面が、平和な記事でよかった!

東京新聞寅さん記事20191231

2020年が平和な年でありますように。おたる猫の事務所一同。

冬鳥を眺めているDSCN9661
スポンサーサイト



さかもと国際児童画展が無事終了しました。

北海道新聞小樽版に大きく記事にしていただきました。オープニングのチャリティ・パーティ場面。ごく内輪になりましたが。

さかもと国際児童画展 北海道新聞記事

会場写真(撮影・小梅太郎さん)

otaru_20191128-133539r.jpg

お客様にこのイベントの趣旨などを説明する美鈴さん。

児童画展 美鈴DSCN0488

ワインをたくさん提供していただき盛り上がりました。

DSCN0561.jpg

このイベントを企画した一人・美鈴さんは、大の猫好き。

うちの3人(匹)の社員もすぐ懐いて甘える。めったに人に甘えない慎吾外渉部長。

慎吾・美鈴さんDSCN0492

爪を切ってもらうちぐら接待部長。
あ、ごめん、ごめん。ちょっと痛かったようです。

爪切りちぐら痛ーいDSCN0550

おわびにチュルチュルを貰う。

チュルチュルをもらう

貫禄がついた珊瑚営業部長。あまり人前に出なくなりました。13歳です。

珊瑚DSCN0587

点検中。ちぐら接待部長は珊瑚の分も働きます。まだ3歳です。

ちぐら点検

ワイン・珈琲・レモンなどの売上げの他にご来場の方からのカンパがありました。

売上とカンパを集計し、あとりゑ・クレールとしては僅かではありますが、¥10,970を厚真町役場に送ります。

熊本県の国際児童画展実行委員事務局に託しました。

多くの皆さまのご協力ありがとございました。

さかもと国際児童画展本日オープン!262点の世界の子供達の画を展示。勿論小樽のよい子の画もあるよ。

熊本県から飛んで来られた美鈴さん。猫の事務所通信の読者Sさんやご近所の画家さんの協力でレイアウトが完了。

M嬢とちぐらDSCN0481

猫好きは心が通じます。

しあげ国際児童画展DSCN0461 - コピー - コピー

14時からチャリティオープニングパーティがあります。
ワイン・珈琲などのドリンク、おやつを用意します。

熊本産地直送の無農薬レモンなどを格安販売いたします。

レモンDSCN0480 - コピー

お子様のお絵かきコーナーもあります。
即展示させていただきます。画は世界中を旅しますよ。

世界の子供展DSCN0158

珍しいえはがき、貴重な絵葉書を格安提供いたします。猫社員がお店番?

ちぐらDSCN0474

猫社員一同もお待ち申し上げます。

次のイベントのお知らせです。

開催チラシ2019_巡回展_表校了のコピー

 忘れもしない2011年熊本を襲った大地震。それを機に東京から故郷の熊本・八代市へ戻った上村美鈴さんが(上村さんは、不思議なご縁で当猫の事務所から出版した手作り漫画はた・さきこさんの「チャトやお呼びですか?」の メジャー出版に尽力された方です)、坂本の子共達を元気づけようとして、この企画を始めました。
 その年、横浜青葉国際児童展で、壁に掛けられた世界中の子どもたちの絵が目に留まり、「子どもたちの絵があれば被災した熊本の人も和むかな」と国際児童画展の開催を思いついた。その後、坂本町で行われたまちづくりの会議に出席し、提案したところ、坂本住民自治協議会主催で開催することに。
 
 その後、不幸にも昨2018年に起きた厚真で起きた地震、その復興チャリてティも兼ね、11月には小樽市の当ギャラリーでも開催の運びになりました。日本を含む23カ国から集めた約400点を展示します。もちろん小樽のよい子の画もありますよ。 

 更に北海道のお子様の楽しい画を、ただ今募集中です!

 下記の要領でご参加下さい。
★大きさ_B4のスケッチ用紙一人1点 後ろに住所氏名年齢を書く。できたらタイトル・コメントも。
★テーマ 「夢」・「プレゼント」・「笑顔」のいずれか
★送り先 あとりゑ・クレール 小樽市梅ヶ枝町21-2 0134-22-1354
★締めきり 11月19日(火)必着
★応募していただいた画はお返ししません。この後、日本各地はもとより、世界各国を巡回します。ぜひ応募して下さいね!


たくさんの企業から賛助広告を頂戴しました。
小樽と札幌からは5件! 
ありがとうございました。

開催チラシ2019_巡回展_裏校了

... 続きを読む
今年も林家卯三郎さんの恒例落語会の季節がやってまいりました。
例年ですと、当日まで演目はお知らせしないのですが…。

2演目 どちらもクレールでは、初めての演目です。他にもう一題のお楽しみもあるはず。

2019林家卯三郎公演

9月12日に札幌の喫茶店「ひいらぎ」さんでも満席の人気。なんとも温かい雰囲気の会場!

演目は「転失気」「親子酒」「仔猫」。
大いに笑わせていただきました。

終わってほっとされる林家卯三郎さん。

林家卯三郎DSCN0044

お申し込みをおまちしております。
   メール a-clair@kbe.biglobe.ne.jp   電話ファクス 0134-22-1354
                 
おまけ。
ちぐら接待部長のお友達。
傷つけたりしないで咥えて連れてきます。

ちぐら&かなちょろ 2

一緒にお昼寝?

かなへびとちぐら2 - コピー

秋の虫も葉ッぱについてきたのかな?

秋のお客様