4月15日(土)~6月11日(日)まで。
「詩人河邨文一郎生誕100年展」開催中。昨4月15日、オープニングイベントがありました。

河邨展ー

テープカット。真ん中河邨夫人、宣子さん。挨拶のスピーチで、万感胸に迫るものがおありだったのだろう。
思わず声を詰まらせるシーンもありました。

テープカットDSCN0350

同日開催された記念講演は、河邨文一郎氏主宰の詩誌「核」の同人であった萩原貢さんと暮尾淳さんが「河邨文一郎氏の人と芸術」としてお話になった。「人と芸術」というタイトルだが「人」としてのエピソードのほうが多かった。

なにしろ暖かくおおようなお人柄だった。映画会社からスカウトされた話、金子光晴との師弟関係、交友など微笑ましいエピソードがいっぱい。

萩原貢氏講演DSCN0356

興味津々の資料がたくさんの会場。子供の頃からの(!)手書きの本などもよく保存されていたものと感心する。

展示会場DSCN0354

河邨文一郎といっても若い人は知らないが札幌オリンピックのテーマ曲「虹と雪のバラード」の作詞者といえば通じる。トアエモアが歌ったのがオリジナルだが、いろいろな歌手が歌って45回転のレコードが何枚も展示されている。

奥様も「こんなに出ていたとは知りませんでした」

会場DSCN0353

かく言うこのブログ管理者の私は、氏の主宰する同人誌「核」の仲間としてお世話になっていました。

毎年1月と8月には「核の恐怖の合宿」がありました。詩作品の合評会のことをこう呼んでいました。歯に衣を着せぬ鋭い合評会。
若輩私は、隅のほうで震えておりました。
でもそれさえやりすごせば、あとは楽しい交流の場。深夜まで飲んだり論じたり。

小樽でも何度か合宿がありました。写真の裏に1971年5月16日・撮影木村哲郎氏と書き込みあります。
早川昇氏・佐々木逸郎氏・小松瑛子氏 皆故人です。

鰊御殿

祝津の今の迎賓館・もとペンション祝津前で。「月刊おたる」元社長、米谷祐司氏も同人。

ペンション祝津

海猫屋前で。

海猫屋

整形外科医としても辣腕。
その美形ゆえ、松竹からスカウトされたという。手術のシーンでは手だけ出演したというエピソードも語り草。

5月21日(日) 14時からは、札幌の朗読グループ「簪(かんざし)組」・熊谷ユリアさん他の出演による河邨氏の詩とエッセイの朗読会があります。入場料のみで聴くことができます。

オープニングに参加された簪組の皆さま。何を読もうかと只今模索中。

簪組DSCN0351

小樽文学館
スポンサーサイト
宅配便に猫が入っていました。

ちぐらDSCN0319

いえいえ、待っていた猫の事務所通信103号です。

103号DSCN0280

今年は良くも悪くも(こちらのほが多いようですが)次々とニュースに事欠きません。
近頃はほぼ毎月発行している感じです。

猫事異動

態度が大きい新人ちぐらは、春の人(猫)事異動で接待部長に異例の抜擢。

自分の記事が出ているのではしゃいでいます。先輩もはしゃぐ。

sanngoto DSCN0287

ちぐら宅急便

おい、いい気になるなよ。と慎吾編集部長補佐。

3syainn DSCN9642

今年は春が早かった。これからいろいろな草木の芽吹きが楽しみです。

春の花DSCN0276
生後2ヶ月のちぐらが我が家に来て2ヶ月たちました。
とてもやんちゃで先住猫は恐れをなしています。

お食事DSCN0164

それもそのはず、女の子だと思っていたのに、なんと男の子! だったのです(2ヶ月では判然としませんでした。どちらかというと
希望的観測? だって今までの経験上、女の子のほうが断然お利口で、男の子よりも心が通い合っていたからなんです。

来たばかりの頃。

ちぐら来たばかりDSCN9166

本日のちぐら。なんかもう大人?
といってもあだまだやんちゃなんですが…。
 
眠いちぐらDSCN0180

あまり早く大人にならないで…、という人間の勝手な願い。

物思い?DSCN0141

今年の冬はなぜか例年よりも短かった。屋根にはもう雪がありません。
西日を受ける向かいの丘。

夕日DSCN0166
三浦綾子原作の「母」は、映画・演劇・ひとり芝居・朗読など、多く取り上げられていますが、この度寺島忍さんの主演で映画化され、小樽では、多喜二忌に合わせて封切られました。
寺島忍さんはさすが尾上菊五郎と藤純子両氏の娘。いつもながら素晴らしい演技。
ひたすら子供を信じる母。無学だけど、人間は一流。20代から80代まで、ことさらメーキャップにこだわらずに演技している。

①母 寺島しのぶ

毎年の多喜二忌に行われる奥沢墓地のお墓参りには、今年初めて参加してみた。
札幌の友人に誘われたせいもあるが、一度は行ってみたいと思っていた。
随分たくさんの人がお参りしている。遠くからもかけ付け、毎年このくらいの方がお見えだそうだ。若い人もいる。

シオン教会の北村牧師もお見えになった。多喜二のお母さんはシオン教会で洗礼を受け、葬儀もここで行った。
北村氏が、「今、多喜二役の塩谷瞬さんが見えますよ」といわれると、まもなく到着された。

多喜二縁の方、遠くからおいでの方、ひととおりスピーチが終わり、司会者が「サプライズ」といって塩谷氏を紹介した。

④DSCN9727

②塩谷瞬DSCN9726

多喜二の著書を読みあさってこの役に挑んだといわれ、途中涙ぐんでしまわれた。

③涙ぐむDSCN9720

氏が、私の近くにおられたので、少し話しかけて見た。弟さんの三吾さんのこと、バイオリン協奏曲のことなど。
誠実な人となりが感じられた。
あとで、もう少し遠慮しないで、いろいろ話せばよかったと思った。このときはまだ映画を見ていなかったので、話しにくかったこともあったが。

先日 札幌のデノス・シネマへいったら、チケット売り場から階段下の廊下まで、行列ができていた。何の映画かと思ったら「母」だという。小樽で混むのは当然と思うが。独立プロの低予算の映画なの、と驚くと同時に嬉しかった。

そこで、私は予定変更し、スエーデン映画「幸せなひとりぼっち」をみることにした。
これはまた「当たり!」であった。福祉国家スエーデンらしい映画。これもぜひ多くの人に見て欲しい。
笑いあり涙あり…。そして猫あり。

⑥幸せなひとりぼっちパンフDSCN9840

猫も大きな役で出演するのは嬉しかった。しかも名演技!

⑦しあわせなひとりぼっちの猫DSCN9842

猫といえば、我が家の居候になって一月たった「ちぐら」。
小さいのに怖いモノ知らず、女番長で、彼女の5倍以上ありそうな慎吾をおびえさせている。
とにかくスゴイ子をひきうけちゃったモノだ。
それでも時には仲良くまとまったりしている。

⑪3匹まとまってますDSCN9787

ねえ、遊んでよ!
⑧ねえ遊んでちぐらDSCN9601

断られてひとり遊び。

⑨チグラとオルゴールオルゴールDSCN9484

2017.02.02 新入社員?
猫を預かりました。まだ生後2ヶ月ほど。
市内の方が、捨てられていたこの子を保護したのですが、先住犬2匹が一日中吠え続けてのども枯れんばかり。
思いあまって相談にこられたので一時預かることにしましたが…。
あまりに可愛くて手放せなくなりました。チグラーシャにそっくりなので「ちぐら」と呼んでいます。

こねこDSCN8858

⑭遊ぶチグラSCN9187

体重は600グラムしかありません。でもしっかり自立しています。

「こねこ」
こねこカヴァー

うちの社員とも仲良くできるといいのですが。
珊瑚営業部長はまずまずです。

お昼寝DSCN8930

慎吾接待部長はいじけて元の「社宅」に引きこもってしまいました。寒くないのだろうか…。

⑪いじけた慎吾DSCN9335
⑩いじけた慎吾DSCN9323

右の穴が居間の床に繋がっているので、家に入れます。朝には、ちゃんと帰っていました。

⑧いじけた慎吾SCN9348

珊瑚は同性同士なのか、クールながら仲良くしてくれます。

こらこら離乳食をたべちゃダメ!

⑫離乳食もおいしいのねDSCN9257

⑥遊んで貰うDSCN9264

⑦チグラDSCN9241

当初は600グラムの体重が1キロ近くになりました。

飼い主は高齢。なんとか健康で長生きしなくちゃ、と思うこの頃…。

④ちぐらDSCN9152